夏の花壇におすすめの花【アフリカンマリーゴールド】種まき栽培記録

Pocket

真夏の猛暑をものともせず、がんがん花を上げてくる『アフリカンマリーゴールド』。
ネコブセンチュウという根の寄生虫に効果がある『コンパニオンプランツ』としても有名です。

丈夫で育てやすく、薔薇のように大輪の花をたくさん咲かせる『アフリカンマリーゴールド』を育ててみました。

『アフリカンマリーゴールド・バニラ』の種まきから開花までの栽培記録です。

目次

1- 猛暑でも咲く強い花

マリーゴールドの種の画像
タキイ種苗 アフリカンマリーゴールド F1バニラ

『アフリカンマリーゴールド』の種を購入しました。
バニラ色の『大輪系のマリーゴールド』です。

マリーゴールドの種類はたくさんあります。
『アフリカンマリーゴールド』は『茎が太くて暑さに強い』、真夏におすすめのお花です。

ページ上↑

ページ下↓

2- 種まきの仕方

マリーゴールドの種の画像

マリーゴールドの種は細長いです。

マリーゴールドの画像

花が終わって枯れた後に、青緑色→茶色に変わると、中に種ができています。

発芽温度が20度~25度位と高めですので、『暖かくなった春』に種まきをします。

プラグトレーの画像

今回は、『セルトレイ』と言う『種まき専用の容器』で育ててみます。
卵パックなどで代用しても大丈夫です。

バーミキュライトの土の画像
ダイソー バーミキュライト

種まき用の土は、100均の土売り場にある『バーミキュライト』を使います。
肥料の入っていない土の方が、種の発芽率が上がります。

シューズボックスの画像
ダイソー シューズケース

トレーは100均のシューズボックスを使います。
浅いトレイでしたら、何でも大丈夫です。

セルトレイの画像

セルトレイをトレーに乗せて、バーミキュライトを入れます。
バーミキュライト(土)はたっぷりの水で、あらかじめ湿らせておきます。

セルトレイの画像

セルトレイのひとつのボックスに、2つずつ種をまきました。
種の上には2~3ミリほど、薄く土をかけます。

霧吹きの画像

霧吹きでさらに湿らせました。

発芽するまで『明るい日陰』に置いて、乾燥させないように水やりに注意します。

バーミキュライトは『サラサラした土』ですので、セルトレイを『持ち上げてしまわないよう』に注意が必要です。
セルトレイの底から、土がこぼれ落ちてしまいます。

バーミキュライトは水やりを続けるうちに、だんだん固まってきます。

ページ上↑

ページ下↓

3- 発芽後の水やりの仕方

マリーゴールドの画像

種まきから3日めです。
発芽しました。

芽が出そろったら、すぐに日当たりと風通しが良い場所に置きます。
また、水やりの仕方も変更します。

トレーにたまった水は捨てて、朝の水やりの水が、夕方までにはあらかた乾いているようにします。

日当たりが足りなかったり、水が多すぎたりすると『徒長(とちょう)』してしまいます。

新芽の画像

徒長とは芽がひょろひょろ細長くなってしまう事です。

徒長した苗は、頭でっかちで倒れやすく、病害虫に対する耐性も良くありません。

ページ上↑

ページ下↓

4- 間引きのやり方

アフリカンマリーゴールドの画像

隣り合った『葉どうしが重なってきた』ら、『間引き(まびき)』をします。
育ちのいい方の芽を残して、ひとつのボックスに芽をひとつだけにします。

間引きをする芽の基準です。
・葉と葉の間の茎が長い
・茎が細かったり曲がっている
・葉の色が薄い
・他の芽より発芽がとても遅い
・葉の形がおかしい
・虫に食われている
などの芽を、指先でつまんで抜き取ります。

マリーゴールドの画像

発芽から2週間がたちました。
本葉が展開しています。

アフリカンマリーゴールドの画像

発芽の時の双葉(ふたば)の後に生えてくる葉を、『本葉(ほんば)』と言います。

ページ上↑

ページ下↓

5- 鉢上げの方法

アフリカンマリーゴールドの画像

発芽から、ひと月ほどがたちました。
鉢上げをしたいと思います。

植木鉢の画像
ダイソー 植木鉢

100均の植木鉢を使用します。

植木鉢の画像

マリーゴールドは水はけの良い場所を好みます。
植木鉢の底に、鉢底石を入れます。

鉢底石は後で管理が楽なように、ネットに入れてあります。

植木鉢の画像

植木鉢に半分ほど土を入れます。

土の画像
カインズ 花の土

土質はあまり撰びませんので、花用の培養土を使用しました。

肥料は他には追加せず、このまま植え付けます。
肥料が多すぎると茂りすぎますので、注意します。

アフリカンマリーゴールドの画像

セルトレイから苗を外します。

アフリカンマリーゴールドの画像

植木鉢の中央にそっと置いて、まわりから土を足します。

アフリカンマリーゴールドの画像

手のひらでまわりの土を押さえて、安定させます。
その後、たっぷり水やりをしました。

たっぷりの基準は『植木鉢の底から水があふれ出てくるまで』です。

根付くまでの一週間ほどは、毎朝気をつけて水やりをします。
その後は植木鉢の土が乾いたら、たっぷり与えます。

マリーゴールドは日なたを好みます。
真夏は毎朝の水やりが必要です。

ページ上↑

ページ下↓

6- 肥料の与え方

アフリカンマリーゴールドの画像

種まきから2ヶ月がたちました。
花が咲き始めました。

このバニラの種類は、はじめ花びらが丸まって開花します。

アフリカンマリーゴールドの画像

その後、花びらが広がっていきます。

アフリカンマリーゴールドの画像

真夏でもまったく弱らず、大輪の花を咲かせ続けます。
あまりの花の多さに、雨が降ると重みで茎が下がるほどです。

植木鉢のような『限られた空間』では、次々に花が咲く植物では栄養が足りなくなります。

肥料の画像
ハイポネックス原液 800ml

花の勢いがやや弱くなってきたと感じたら、たまに液体肥料を与えます。

ジョーロの画像

『液肥(えきひ) = 液体肥料』は、一度普通に水やりをして、水分が行き渡ってから液肥を与えます。

アフリカンマリーゴールドの画像

マリーゴールドは『コンパニオンプランツ』としても有名です。

『コンパニオンプランツ』とは、2種類以上の植物を近くに植える事で『お互いに良い影響を与え合う』植物たちの事です。

アフリカンマリーゴールドの画像

ネコブセンチュウの予防に、我が家でも家庭菜園の生姜のプランターに、マリーゴールドを一緒に植えてあります。

生姜は半日陰を好むのですが、それなりに花を付けてくれます。

アフリカンマリーゴールドの画像

チャンスがあれば、ぜひ他のアフリカンマリーゴールドも育ててみたいと思います。

ページ上↑

ページ下↓

キバナコスモスの画像

→猛暑でも枯れない夏の花【キバナコスモス】種まき~開花まで栽培記録

今回使用した道具

  • アフリカンマリーゴールドの種: タキイ種苗 アフリカンマリーゴールド F1バニラ→通販
  • セルトレイ→ホームセンター
  • トレー:シューズボックス→100均
  • 植木鉢→100均
  • 鉢底石→100均
  • ネット→通販
  • バーミキュライト→100均
  • 花用の培養土→ホームセンター
  • 液体肥料:ハイポネックス原液→通販
  • ゴム手袋→100均
  • 霧吹き→通販
  • ジョーロ
  • シャベル

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です