コンパニオンプランツ【フレンチマリーゴールド】の種まき栽培記録

Pocket

『コンパニオンプランツ』で有名な『マリーゴールド』。
『ネコブセンチュウ』という、根の寄生虫に効果があります。

『フレンチマリーゴールド』と言う、花の大きさが小さめなマリーゴールド。
その中でも珍しい、シマシマもようの『ハーレクイン』の『種まき~開花まで』の栽培記録です。

目次

1- 種まきの時期

フレンチマリーゴールドの種を購入しました。

『フレンチマリーゴールド』は、マリーゴールドの中でも『主に小さめなお花』のマリーゴールドです。

フレンチマリーゴールドの画像
タキイ種苗 フレンチマリーゴールド ハーレクイン

『シマシマもよう』の、かわいいマリーゴールド『ハーレクイン』の種です。
こちらの種まきをしてみます。

フレンチマリーゴールドの画像

マリーゴールドの種は細長いです。
咲き終わった花が枯れて、茶色に変わると中に種ができています。

種まきの時期は『春』の3月~6月頃です。
発芽温度が『20度~25度くらいと高め』なので、暖かくなってから種まきをします。

ページ上↑

ページ下↓

2- 種まきの仕方

セルトレイの画像

今回は、種まき専用の容器『セルトレイ』に種まきをします。
『卵パック』でも代用ができます。

直播きでも大丈夫ですが、その場合は『種が流れてしまわないように』、周りを『何かでかこう』必要があります。

シューズボックスの画像
ダイソー シューズボックス

水をためるトレイは、100均の『シューズボックス』を使います。
薄いトレイでしたら、何でも大丈夫です。

バーミキュライトの土の画像
ダイソー バーミキュライト

土は100均の『バーミキュライト』を使います。
『肥料分の無い土』の方が、発芽率が上がります。

フレンチマリーゴールドの画像

トレイに乗せたセルトレイに、バーミキュライトを入れます。
土はあらかじめ、たっぷりの水で湿らせておきます。

フレンチマリーゴールドの画像

大きめの種なので、ひとつのボックスに2つずつ、種をまきました。
種の上に薄く、2~3ミリほど土をかけます。

霧吹きの画像

霧吹きで上から、さらに湿らせました。

置き場所は明るい日陰です。
発芽するまでは『乾かさないように』水やりをします。

トレイの水は『発芽するまで』捨てません。

ページ上↑

ページ下↓

3- 水やりの仕方

フレンチマリーゴールドの画像

種まきから3日め。
発芽しました。

発芽したらすぐに『日当たり』と『風通し』の良い場所に移動させます。
日光が足らないと『徒長(とちょう)』と言って、茎が細長く伸びてしまいます。

徒長した苗は、頭でっかちで倒れやすく、病気にもなりやすくなります。

ジョーロの画像

発芽したら『水やり』の方法を変えます。

発芽するまでは『乾かさない』ようにします。
発芽後は『毎朝』水やりは必要ですが、夕方までは『だいたい』土が乾いているように調整します。

トレーの水も捨てます。

ページ上↑

ページ下↓

4- 間引きのやり方

フレンチマリーゴールドの画像

発芽から5日めです。葉どうしが『重なりあっている』ものを『間引(まびき)』きします。 
ひとつのボックスに、芽がひとつになるようにします。

間引きする芽は
・他の芽より生育が遅い
・葉と葉の間の茎が長い
・茎が細い
・葉の色が薄い
・葉の形がおかしい
・虫食いがある
などです。

フレンチマリーゴールド

間引きができました。

ページ上↑

ページ下↓

5- 鉢上げの仕方

フレンチマリーゴールドの画像

発芽から17日たちました。
本葉が増えてきました。

発芽の時の双葉(ふたば)の、次に出てくる葉を『本葉(ほんば)』と言います。

フレンチマリーゴールドの画像

発芽から23日たちました。
そろそろ鉢上げをしたいと思います。

初めて植木鉢に植える事を『鉢上げ(はちあげ)』と言います。

植木鉢の画像
ダイソー 植木鉢

100均の植木鉢を使います。

植木鉢の画像

植木鉢の底に鉢底石を入れます。
鉢底石は後々の管理が楽なように、ネットに入れてあります。

植木鉢の画像

半分ほど土を入れました。

土の画像
カインズ 花の土

土は花用の培養土を使いました。

フレンチマリーゴールドの画像

セルトレイから、ハーレクインの苗をそっと外します。

フレンチマリーゴールドの画像

苗を植木鉢の中央に置いたら、周りに土を入れます。

フレンチマリーゴールドの画像

周りの土を手のひらで押さえて、苗を安定させます。

フレンチマリーゴールドの画像

たっぷり水やりをします。

植え替えてから一週間ほどは、根が張るまで気をつけて水やりをします。

その後の水やりは、植木鉢の土が乾いたらたっぷり与えます。
たっぷりの基準は、『植木鉢の底から水が出てくるまで』です。

マリーゴールドは日なたで育てます。
真夏は水が乾きやすいので、毎朝必ず水やりをします。

ページ上↑

ページ下↓

6- コンパニオンプランツとは

フレンチマリーゴールドの画像

鉢上げから1ヶ月、ひとつめの花が咲きました。

フレンチマリーゴールドの画像

『シマシマ』のもようが、かわいいです。

フレンチマリーゴールドは、真夏の猛暑の間は開花が減ります。
秋になり涼しくなってくると、また復活します。

フレンチマリーゴールドの画像

マリーゴールドは『コンパニオンプランツ』として有名です。

植物の根に寄生する『ネコブセンチュウ』に効果があります。

フレンチマリーゴールドの画像

丈夫で『挿し芽』が簡単ですので、我が家では折れてしまったマリーゴールドの枝を、家庭菜園の植木鉢にさしておきます。

『コンパニオンプランツ』とは、近くに植える事で『お互いに良い影響を与えあう』植物たちの事です。

ページ上↑

ページ下↓

アフリカンマリーゴールドの画像

→夏の花壇におすすめの花【アフリカンマリーゴールド】種まき栽培記録

今回使用した道具

  • フレンチマリーゴールド『ハーレクイン』の種:タキイ種苗 →通販
  • ネット→通販
  • セルトレイ→ホームセンター
  • 花用培養土→ホームセンター
  • トレー:シューズボックス→100均
  • バーミキュライト→100均
  • 植木鉢→100均
  • 鉢底石→100均
  • ゴム手袋→100均
  • ジョーロ
  • シャベル

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です