バラにツボミがついた!肥料はいつまで?初心者バラ栽培日記4月編

Pocket

憧れのローズガーデン。

小さな庭で、無農薬のバラ栽培を、他の植物と織り交ぜながら育てています。

初心者が失敗をしながらの、栽培日記『4月編』です。

4月はバラが新芽を伸ばし、ツボミも見えてきます。
害虫も、活発になる季節です。

目次

1-4月のバラの作業

日ごとに暖かさを増す4月は、バラがあっという間に、葉を茂らせます。

バラの葉の画像

葉が展開すると、一緒に害虫も、活発に動き出します。

できるだけ毎日、バラたちを見回って、害虫の被害が少ないうちに、対処します。

病気の発生も始まる時期なので、同じく、早い時期に発見して、取り除く必要があります。

放置すると短時間で、爆発的に増えてしまいます。

夜行性の害虫もいるので、我が家の場合、朝と夜にパトロールをしています。

せいぜい5分程度ですが、毎日見ていると、ちょっとした異変に気付きやすいです。

目次へ

最後へ

2-肥料の与えすぎは『害虫』を呼び寄せる

肥料の画像
Yahoo!ショッピング 有機率95%の発酵有機液肥 めぐみ-恵海-

我が家では最近、有機肥料を与えています。

私が若干の化学物質アレルギーなので、無農薬栽培をしている為、肥料も統一をしています。

通常、それぞれの良さを生かす為に、化成肥料と有機肥料は、どちらかを統一して与えます。

肥料の画像
ハイポネックス原液 800ml

どちらの種類だったとしても、肥料は規定量を守り、少量ずつ分散して与えます。

ジョーロの画像

面倒だからと、いっぺんにまとめて与えると、発生する物質によって、害虫がたくさん寄ってきます。

私も最初のバラで、たくさんの害虫を、呼んでしまいました(T_T)

また、植え替えをしなかった鉢バラは、肥料が不足しやすいので、気をつけて追肥をします。

肥料の画像
Yahoo!ショッピング ピキャット・ありん(リン酸液肥)

つぼみがついたら、リン酸の入った肥料を与えます。
肥料の量は、品種によって違います。

バラの画像

ツボミがふくらんだら、追肥は中止します。
花が変形してしまう場合があります。

いずれも普段から、肥料を与えすぎていなければ、それほど心配はいらないようです。

目次へ

最後へ

3-『新苗のツボミ』はなぜ取るの?

バラの蕾の画像

バラが『つぼみ』を、付けました。

こちらの株は、新苗です。
ツボミを見つけたら、なるべく小さなうちに、指先で摘み取ります。

薔薇の葉の画像

『新苗』はバラの赤ちゃんです。
今年は、花は咲かせません。

花を咲かせるのは、一番体力を使います。

バラ栽培を始めた当初、新苗を咲かせて、力尽きて枯らしてしまった事があります(T_T)

若い株は、枝葉を伸ばす事に、集中してもらいます。

同じく、調子がイマイチの株も、花を咲かせないか、数を減らして、調整をします。
花の数を減らす時は、通常、中心ではなく、わき芽の花を取ります。

花を指先で取る事は『摘蕾(てきらい)』や、『ピンチ』と言います。

目次へ

最後へ

4益虫と害虫

この時期は、アブラムシなどの『害虫』にも悩まされますが、無農薬栽培をしていると、『益虫(えきちゅう)』たちも、やってきます。

テントウムシの画像
テントウムシ

よく見るのは、テントウムシですね。
テントウムシは幼虫も含めて、アブラムシなどを駆除してくれます。

後は、毎日の見回りで『テデトール(手で取る)』で駆除します。

トングの画像
Amazon サンクラフト ポテトング PCT-06

割りばしや、トングなどが便利です。

開花まで、もうすぐです(*^_^*)

目次へ

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です