バラの新芽が伸びてきた!肥料はいつから?初心者バラ栽培日記3月編

Pocket

憧れのローズガーデン。

小さな庭で、無農薬のバラ栽培を、他の植物と織り交ぜながら育てています。

初心者が失敗をしながらの、栽培日記『3月編』です。

3月は、バラが休眠から目覚めます!
新芽が伸び出すので、春の肥料を開始します。

他には、芽かき作業などの、お世話があります。

そろそろ害虫も活動を始めますので、注意が必要です。

目次

1-3月のバラの作業

まだまだ寒い日が多い3月。

アイビーと梅の花の画像

でも、まぶしい日差しには、春を感じます。

バラたちも、休眠から目覚めて、新芽を伸ばしはじめる時期です。

最近は温暖化の影響か、2月から暖かい日も多く、芽が伸びるのが速すぎるバラが多いです。

新芽が伸びてきたら、『芽だし肥(めだしごえ)』を与えて、春の肥料を開始します。

目次へ

最後へ

2-バラの『春の肥料』はいつから与えるの?

バラの画像

バラの新芽が、伸びはじめました。

バラが休眠から起きたら、肥料を開始します。
『芽だし肥(めだしごえ)』と呼ばれる、『追肥(ついひ・おいごえ)』の一種です。

冬の植え替えの時、土には『肥料』ではなく、『堆肥(たいひ)』を混ぜました。

今回与えるのは、堆肥ではなく『肥料(ひりょう)』です。

バラが枝や葉を伸ばす、材料になります。

肥料の画像
Yahoo!ショップ ゆうきの園芸ショップヤフー店 活性有機ぼかし 2L

肥料は色々ありますが、今回は有機肥料の、ペレット状の物を使います。
ゆっくりと、分解される肥料です。

化学肥料を与える場合も、固形肥料と、液体肥料があります。

通常、それぞれの特性を生かす為には、有機肥料か化学肥料の、どちらかに統一して与えます。

植木鉢の画像

植物は伸ばした『根の先』から、肥料を吸収します
植木鉢のハシにそって、2カ所くらい掘り返して、肥料を入れます。

植木鉢の画像

植木鉢のサイズに合わせて、肥料の説明書通りの量を与えます。

植木鉢の画像

今回使ったのは、有機肥料です。
空気に触れると、少し臭いますので、肥料の上には、しっかり土をかぶせておきます。

肥料の画像
ハイポネックス マグァンプK 中粒

化学肥料を与える場合も、規定量を植木鉢の土の上に乗せて、表面を軽く土と混ぜておきます。

植木鉢の画像

マルチング材を、元通りに戻していきます。

植木鉢の画像

『芽出し肥』は、これで完了です。

肥料の画像
ハイポネックス原液 800ml

固形肥料ではなく、液体肥料を与える場合は、まだ寝起きなので、薄めから開始します。

ちなみに、バラ以外の落葉果樹も、まったく同じ時期に、同じお世話をしています。

この時期の水やりは、3~4日おきにして、休眠期の冬よりも、だんだん増えていきます。

春に多い、強風がふいた後は、乾燥しているので、気をつけて水やりをしておきます。

目次へ

最後へ

3-一カ所に新芽がたくさん!『芽かき』はどうする?

バラのミセスアイリスクロウの画像

このバラは、新芽が一カ所から、たくさん出ています。

『芽かき』をした方が、いいでしょうか?

バラのミセスアイリスクロウの画像

複数の芽のうち、どれかを、小さいうちに、指先で取り除く事を『芽かき(めかき)』と言います。

芽かきは、野菜などの『家庭菜園』ではよくやりますね。
栄養が分散されないように、するためです。

でも、あまり早く『芽かき』をすると、残した芽が虫に食べられたり、ぶつかって取れてしまったりする事がよくあります。

ですので、新芽の数があまりにも多すぎる時に、後から考える事にしています。

同じ場所から、5個も6個も新芽が出ていたら、とりあえず半分くらいにしておきます。

今回は、たくさん出た芽を、そのままにしましたが、春の強風などで、やはりいくつか取れてしまいました。

少し放置した後、成長の良い芽を、2つくらい残して育てます。

目次へ

最後へ

4-あなた!『つぼみ』をつけるの早すぎでしょう!

まだ寒い3月に、つぼみをつけてしまう、気の早いバラもあります。

バラの蕾の画像

あまりにも早い時期に、『つぼみ』をつけてしまったら、まだ小さいうちに、指先で摘み取ります。

できるだけ、緑色のツボミの内に、見つけて取ります。

薔薇の画像

四季咲きのバラなどは、まだ寒い時期ですと、こじんまりとした花しか、咲かない事が多いです。

バラのホワイトクリスマスの画像

いったん摘み取ると、暖かくなってから、大きめの花が見られます。

まだ大人になっていない新苗は、今年の春は花は咲かせません。
体力を奪われてしまうので、つぼみを見つけたら、小さなうちに、すぐに摘み取ります。

白いバラの花の画像

バラ栽培を始めた当初、新苗を咲かせて、力尽きて枯らしてしまった事があります。

若い株は、枝葉を伸ばす事に、集中してもらいます。

目次へ

最後へ

5-なぜ?頂芽優勢(ちょうがゆうせい)なのか?

バラ栽培や、家庭菜園をしていると、『頂芽優勢』という言葉をよく耳にします。

『頂芽優勢(ちょうがゆうせい)』とは、植物の『一番上側』にある芽の成長が、側面の芽よりも『優先される現象』の事です。

キバナコスモスとツマグロヒョウモンの画像
ツマグロヒョウモン蝶

ツマグロヒョウモン蝶です。
群生しているキバナコスモスの、『一番高い位置』の花に止まっています。

植物は蝶やミツバチたちに、花粉を運んでもらいます。
運んでもらった花粉で、種が結実します。

花の画像

花たちが群生している場所には、蝶やミツバチたちがいます。

チャイブと蜜蜂の画像

蝶やミツバチを観察をしていると、『一番上』の『目立つ花』に止まっている事が多いです。

ローマンカモミールの画像

ローマンカモミールの画像

普段は低い草丈の植物も、花の時期だけは、長く茎をのばす種類が多いです。

つるホワイトクリスマスの画像

バラも例外ではなく、蝶やミツバチたちに、見つけてもらおうと必死です。

目立つ場所に実がなると、実を食べる鳥たちに、遠くまで運んでもらえます。
高い場所は、鳥たちにとっても安全な場所です。

万が一、今の場所が生きるのに適さなくなっても、遠くで子孫を残す事ができます。

我が家の庭にも、無いはずのブラックベリーの実が、よく落ちています。

頂芽優勢は、植物たちの生存競争で起こる現象です。

目次へ

今回使用した道具

    • 肥料:通販
    • マルチング材:通販
    • シャベル
    • ジョーロ

目次へ

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です