植木鉢を100均のヤシの木パームマットで安くおしゃれにマルチング

Pocket

室内の観葉植物の植木鉢をおしゃれにしたいです。

ココナッツの実の繊維、ココヤシファイバーがきれいだな~と思ったのですが、マルチング材はそこそこお値段がします。

100均のハンギングバスケット用の、パームマットでお安く代用してみました。

目次

1- 古い植木鉢

ポトスを株分けして増やしました。

ポトスの画像

→元気がない鉢植えの【ポトスを株分け】初心者でも植え替えが簡単です

たくさん増えたので、大きな植木鉢に植えてみました。

しかし、大きな植木鉢は新たに購入するとなると、ちょっとお高いです。

ポトスの画像

古さが目立ちますが、物置にあった植木鉢を再利用しました。

園芸用の縄の画像

100均の園芸支柱を立てて、同じく100均の園芸用の縄で止めてあります。

ポトスの画像

縄は編み方が分かりませんので、3本使用して三つ編みにしてあります。

 

ポトスの画像

鉢カバーがありましたので入れてみました。

キャスターの画像

お掃除がしやすいように、植木鉢用のキャスターを下に敷きました。

ゴミ箱の画像

→【100均ワイヤーネットで簡単!】キャスター付ゴミ箱をDIY

これはDIYでトイレのゴミ箱を作った時に使用した、ワイヤーキャスターの丸バージョンです。

ポトスの画像

だいぶ見た目が良くなりました。 

ページ上↑

ページ下↓

2- パームマット

この植木鉢は大きい為、上から見下ろす事が多いです。

ポトスの画像

しかし、上側から見下ろすと、古い植木鉢が見えてしまいます。

マルチングでカバーをしようと思います。
植木鉢ごとふんわり隠せるマルチング材は、ココナッツの実の繊維、ココヤシの木のファイバーがいいような気がします。

しかし高くはないのですが、私にとっては安くもありません。
(注意:千円以下(^-^;)

何かお安い代替品がないかなと考えました。
そういえば100均のハンギングバスケット用のパームマットは、同じ椰子の木の素材だった気がします。

ページ上↑

ページ下↓

3- 熱湯でほぐす

パームマットの画像
ダイソー パームマット

100均のパームマットを買ってみました。

パームマットの画像

しっかり圧縮されていて、想像以上にほぐしづらいです。

どうしようか考えてみましたが、ずっと前に蚕(かいこ)のまゆを、熱湯でほぐしているのをテレビで見たことがあります。

真似してみる事にしました。

パームマットの画像

バケツにパームマットを入れて、熱湯をそそぎます。
そのまましばらく放置しました。

黄色いバケツの画像

→100均の黄色の粘着シートVS黄色のバケツ【害虫】トラップ(罠)

この黄色のバケツは、夏にきゅうりを育てた時に、害虫トラップとして使用した物です。

パームマットの画像

あら熱がとれたら、裂くような感じでほぐします。
柔らかくなっていますので、簡単にほぐせました。

パームマットの画像

あとはバケツの水を捨てて、少し乾かします。

ココヤシファイバーの画像

バケツ一杯分、けっこう大量にできました。

ポトスの画像

植木鉢に入れてみます。

ポトスの画像

繊維ゴミも多いですし、ちょっと粗めですが、私には十分です。

パームファイバーも決して高くはありませんので、面倒な方は迷わずそちらを買いましょう。

ページ上↑

ページ下↓

 

→【アボカドの種】から双子の芽が出た【水耕栽培→鉢植え】観葉植物に

 

今回使用した道具
  • ポトス
  • 大きな植木鉢
  • 植木鉢キャスター
  • 土と肥料
  • 鉢底ネットと鉢底石
  • 園芸支柱
  • 園芸縄
  • パームマット
  • バケツ
  • 熱湯

ページ上↑

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です