生け垣で窓の目隠し【原状回復が簡単】な【賃貸】の花壇をDIYで自作

Pocket

我が家は賃貸の一軒家です。

玄関の窓は通りに面していて、窓を開けると中が丸見えです。
スダレを付けてみたのですが日当たりが良すぎて、部屋の中が明るいので、あまり意味がありませんでした。

目隠しに生け垣をDIYで作ろうと思うのですが、賃貸で原状回復が必要です。

目次

1- 原状回復できる花壇を作る

庭の画像

玄関脇の駐車場への通路です。
実際は道路側を通ってしまっているので、あまり使っていません。

この左上が玄関脇の窓です。
ここにDIYで原状回復が可能な花壇を作って、生け垣になる植物を植えたいと思います。

ページ上↑

ページ下↓

2- 設置場所の決め方

庭の画像

玄関窓の真ん前の、花壇を作りたい場所の砂利を撤去して準備をします。
植木は根が張りますので、奥のガス管などがある場所は避けます。

ページ上↑

ページ下↓

3- ブロックで土台を作成

ブロックの画像

ブロックを並べていきます。

普通サイズのブロックが3個、半分のサイズを両脇用に2個並べました。
安定するように、若干、土に埋めました。

ページ上↑

ページ下↓

4- 生け垣用の木

生け垣用の木の画像

前の家で鉢植えにしていたコニファーです。
大きめの植木鉢に寄せ植えしていた、ミニサイズの木が育ってしまいました。
せっかくですので再利用します。

花壇の画像

ブロックの内側に土を入れて花壇にしました。
もっと大きな花壇にしても良かったのですが、通る事も想定し細長く作ります。

ページ上↑

ページ下↓

5- 道具なしでレンガを割る方法

このままですと並べただけのブロックが、倒れてくる恐れがあります。

レンガとセメントで原状回復が簡単なように、軽く接着していきます。

レンガの画像

ステキなアンティーク風のレンガもあったのですが、予算の都合で、安価な一般的なレンガを購入しました。

レンガの画像

下のブロックの接続部分と、なるべく互い違いになるように、いったん並べてみました。

新しいレンガだけですと、雰囲気が好みではありませんでしたので、家にあった古いレンガと互い違いに混ぜてみます。
少しシャビーシックな感じにしたいです。

レンガの画像

並べてみると、最後のレンガのサイズが少し大きめでしたのでカットします。

レンガを割るための、専用のレンガタガネがありませんので、釘抜きの反対側を使用します。

レンガの画像

線を引いた場所をひと回り、浅くたたいて彫っていきます。
ある程度あとをつけたら、釘抜きの反対側をあてて、ハンマーでおもいきり叩き割ります。

レンガのカケラが飛びますので、ガラスの側は危険です。

保護メガネの画像

保護メガネもあったほうがいいです。

レンガの画像

専用のタガネではないので、少し中央がのこってしまいました。
ハンマーで少しずつ、出っ張りを落とします。

レンガの画像

できました。
完成度を求めるのであれば、タガネがあった方がきれいに割れます。

ページ上↑

ページ下↓

6- セメントで接着
セメントの画像
ダイソーのセメント

100均のセメントのグレーです。

 

セメントの画像

何でもいいのですが、ヨーグルトの空き容器と、コンビニでもらった使い捨てスプーンでセメントをときます。
あとで廃棄が簡単です。

容器にセメントを少しずつ入れて、様子を見ながら水をでといて使用し、無くなったらまたセメントを足す方法が楽です。
ちなみにスプーンは大きめがおすすめです。

セメントの画像

セメントは柔らかめのアイス程度の硬さで、すくって斜めにしてもスプーンから垂れない程度に水で薄めます。

ブロックが倒れないようにする為のセメントですので、レンガどうしとブロックの接続部分にセメントをのせます。
つけすぎると原状回復が大変です。

画像の画像

完成しました。

ページ上↑

ページ下↓

7- つる性植物で目隠しをする

支柱をたてて株元につる性植物のアイビーを植えます。

コニファーは背が伸びるのに時間がかかりますので、追加の目隠し&花壇のグランドカバーです。

園芸支柱の画像

100均の園芸支柱です。

園芸支柱の画像

支柱を3本、土に差し込みます。

園芸支柱の画像

同じく100均の園芸支柱です。

園芸支柱の画像

左右と中央を互い違いに交差させます。フェンス部分に結束バンドで固定します。
交差させる事によって、自力でとまります。

園芸支柱の画像

結束バンドで固定します。

園芸支柱の画像

結束バンドの余分な部分は、カットしておきます。

園芸支柱の画像

支柱の左右の上も固定します。

結束バンドの画像

結束バンドは屋外用の丈夫な物を使用しました。

園芸支柱はだいぶしっかりと、深く土にさしました。
また、この場所は家に隣接している北側なので大丈夫そうですが、台風の時などはフェンス本体に支柱を止めた方がいいかもしれません。

アイビーの画像

つる性植物のアイビーを植えます。

 

アイビーの画像

ここのフェンスは左右が他の部分につながっていません。
独立していますので、アイビーが暴走して茂る心配が少ないです。
アイビーは育ったら、フェンスにも横方向にはわせたいです。

計画としては、コニファーが目隠しの高さまで育ったら、支柱のアイビーは撤去して、フェンスのアイビーのみにする予定です。

花壇の画像

まわりの地面は砂利の下に、雑草対策で防草シートを敷く予定です。

ページ上↑

ページ下↓

 

カロライナジャスミンの画像

→賃貸の目隠しの生け垣を【土台から】DIY【プラスチック竹】で自作

今回使用した道具

  • ブロック→(家にあった物)
  • レンガ→(ホームセンター&家にあった物)
  • セメント→(100均)
  • 園芸支柱→(100均)
  • 結束バンド→(屋外用、通販)
  • 植物→(ホームセンター&家にあった物)
  • 土→(ホームセンター)
  • 肥料→(マグァンプK、通販)
  • 保護メガネ→(通販、100均にもあります)
  • シャベル
  • スコップ
  • ジョーロ
  • ハサミ
  • ヨーグルトの空き容器
  • 使い捨てスプーン
  • ゴム手袋か軍手
  • ハンマー
  • 金属ヘラ(カッターでも可)
  • 釘抜きの逆側(レンガタガネがあると便利)

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です