ビオラに黒とオレンジの毛虫が【毒蛾では無い】ツマグロヒョウモン蝶

Pocket

初夏、種取り用に残したビオラに毛虫がいました。
黒に赤っぽいオレンジの線が入った目立つ幼虫です。

毒虫かと思いあわてましたが『ツマグロヒョウモン』という、毒の無い蝶の幼虫のようです。

刺さないと分かりそのままにしておいたら、さなぎになりました。

元々は南国の蝶ですが、温暖化の影響で関東の我が家にも普通に住むようになったようです。

目次

1- 黒とオレンジの毛虫

種取り用のビオラに『毛虫』を発見しました。

ツマグロヒョウモンの画像

黒にオレンジのラインが入った毛虫です。
いかにも毒があるような目立つ色をしています。

ツマグロヒョウモンの画像
ツマグロヒョウモンのメス

調べたところ『ツマグロヒョウモン』という蝶の幼虫のようです。

ハデな色は毒虫の『擬態(ぎたい)』です。
『毒があるふり』をして身を守っているようです。

ツマグロヒョウモンは毒が無く、刺さない幼虫でした。

迷ったのですが毒が無いようなので、そのままにする事にしました。

ページ上↑

ページ下↓

2- 金属質な『さなぎ』

ツマグロヒョウモンの画像

しばらくたったある日、ツマグロヒョウモンの幼虫が、葉の陰でじっと動かなくなっていました。

ツマグロヒョウモンの画像

次の日、見に行ってみると『さなぎ』になっていました。

ツマグロヒョウモンの画像

ツマグロヒョウモンのさなぎには金属質に見える、キラキラ光る突起物が付いていました。
外敵への威嚇用でしょうか?

その後、さなぎの抜け殻が確認できましたので、無事に羽化できたようです。

ページ上↑

ページ下↓

3- ふたたび産卵

ツマグロヒョウモンの画像

しばらくたったある日、ツマグロヒョウモンのメスがビオラに産卵に来ていました。

ツマグロヒョウモンの画像

産卵に夢中で、人が近寄っても気が付きません。

ツマグロヒョウモンの画像

先日のツマグロヒョウモンの子どもでしょうか?
3匹の幼虫が確認できました。

ツマグロヒョウモンの画像

この子たちも、同じくさなぎになりました。

今回も残念ながら、羽化の様子は見られませんでした。

さなぎの抜け殻は2つ確認できました。

3匹の幼虫のうち成長の遅かった1匹は、さなぎになる前に台風にみまわれました。

雨で流されてしまったのか?
どこかに非難したのか?

確認はできませんでした。
自然の事なのでしかたがありません。

ページ上↑

ページ下↓

4- ツマグロヒョウモンの産卵時期

ツマグロヒョウモンは同じ時期に一斉に産卵するのではなく、夏の間、度々産卵するようです。

ツマグロヒョウモンの画像
ツマグロヒョウモンのオス

大食漢の彼らは、ビオラの葉だけでなく花も食べます。
種が取れるかどうか分からないほど食べられてしまいました。

来年は色ごとに一鉢ずつではなく、少し多めに残しておく事にします。

植木鉢の画像

→コガネムシ対策【卵を産ませない】エコな瓦チップでバラのマルチング

ページ上↑

ページ下↓

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です