元気がない鉢植えの【ポトスを株分け】初心者でも植え替えが簡単です

Pocket

最近なんだか元気のないポトス。
植え替えで『株分け』をして、3つに増やしました。

  1. ポトスの元気がない
  2. 株分けの仕方
  3. 植え付けの仕方
  4. 外で育てられる気温
  5. 明るい室内で育てる
  6. 水やりの仕方
  7. 肥料の与え方
  8. 今回使用した道具

1- ポトスの元気がない

ポトスの画像

キッチンに飾ってある鉢植えの『ポトス』です。
最近なんとなく元気がありません。

『春から秋は成長期』のはずですが、成長はかなりゆっくりめ。
昨年はもっと、ぐんぐん育っていたような気がします。

ポトスの画像

鉢の中をのぞいてみたら、土が少なくなっているように見えます。
水やりで土が固くなって、少なく見えるようです。

このポトスはいただき物なのですが、そろそろ2年がたちます。

ポトスは根のまわりが早いので、『1~2年に一度』植え替えが必要です。
植え替え時期は暖かい時期で『晩春~初秋』ごろが適期です。

ポトスはたいへん丈夫で、ガーデニング初心者でも植え替えは簡単です。
ちょうど植え替え時期でしたので、株分けを兼ねて、植え替えをする事にしました。

ページ上↑

ページ下↓

2- 株分けの仕方

ポトスの画像

植木鉢を逆さまにして、ポトスを取り出します。
根をそっとほぐしてみたら、3つになりました。

植木鉢の画像

2つに株分けするつもりでしたので、新しい植木鉢を1個しか用意していませんでした。

急遽、庭用にするつもりで用意していた植木鉢にも、植える事にしました。

ページ上↑

ページ下↓

3- 植え付けの仕方

植木鉢ネットの画像
ダイソー 鉢底ネット

『鉢底ネット』を適当な大きさに切って、植木鉢の底に敷きます。
鉢底ネットは100均で購入しました。

鉢底石の画像
ダイソー 鉢底石

鉢底ネットの上に、鉢底石を入れます。
こちらも100均で手に入ります。

植木鉢の画像

鉢底石の厚みは2~3センチ程度で大丈夫です。
この上にポトスを植え付けていきます。

庭用に赤玉土と鹿沼土と腐葉土を混ぜて、寝かせておいた土がありますので、それを使う事にします。

土の画像
カインズ 花の土

水はけのいい土であれば、一般的な花用の培養土でも十分です。

鉢底石の上に、少し土を入れてから、ポトスの株を入れます。
それからポトスの脇にも土を入れて、軽く抑えて安定させます。

ポトスの画像

3つに株分けできました。
最後に水をたっぷりあげます。

『たっぷり』の基準は、植木鉢の『底から水があふれ出てくるまで』です。

植木鉢の植物を家の中で育てると、小さな虫が飛んでいる事があります。

その場合は、表面を鹿沼土などで覆うと、虫が出ません。
ただし、『鹿沼土は酸性』ですので、酸性土が苦手な植物の場合は気をつけます。

ページ上↑

ページ下↓

4- 外で育てられる気温

ポトスの植木鉢の数が増えました。
ひとつは外で育てたいと思います。

玄関アプローチに置きました。
夏に外で育てる場合は、『半日陰』に置きます。

半日陰とは、1日に『数時間だけしか日光が当たらない』場所の事です。

玄関アプローチの画像

ポトスを屋外で育てられるのは『暖かい時期』だけです。
気温が10度以下になる冬は、家の中で育てます。

私の本業はアパレルです。
10度と言うと、コートはいらないけれど、上着を一枚羽織るようになる気温です。
上着がほしいな~と思ったらポトスは室内ですね。

ページ上↑

ページ下↓

5- 明るい室内で育てる

ポトスの『室内での置き場所』は、暖かく直射日光の当たらない日なたが向きます。
レースのカーテンが一枚ある、窓際などがおすすめです。

エアコンの直風は当たらない場所にします。

ポトスの画像

そのため我が家では、人がいつもいて、年中暖かいキッチンの窓辺においています。

ページ上↑

ページ下↓

6- 水やりの仕方

成長期の暖かい時期は、土が乾いてきたらたっぷり水を与えます。
乾燥しすぎる環境は苦手です。

上着が必要な季節になったら、数日おきに水やりをして、やや乾燥ぎみにします。

いずれもポトスの置き場所の『乾燥ぐあい』によって変わってきます。

ジョーロの画像

室内ではポトスの葉に、ホコリがたまります。
たまに水でふいてあげます。

屋外のポトスは、ハダニ防止に霧状の水を葉にかけます。

ページ上↑

ページ下↓

7- 肥料の与え方

暖かい時期はポトスの成長期です。
緩効性肥料を2ヶ月に一度与えます。

ハイポネックス マグァンプK 中粒の画像
ハイポネックス マグァンプK 中粒

水やりの度に『水に少しずつ溶け出す』肥料を、『緩効性肥料(かんこうせいひりょう)』と言います。

緩効性肥料は土の表面に規定量をばらまき、表面の土と少し混ぜるだけで大丈夫です。
一般的な直径12センチ位の植木鉢の場合、かるくティースプーン1杯ほどです。

肥料は迷ったら『少なめ』に与えます。
追加で肥料を与えるのは簡単ですが、肥料を取り除くのは困難だからです。
多肥は害虫を呼ぶ事もあります。

成長がゆっくりの冬は、肥料は必要ありません。

ポトスの窓

早くこんもり育ってほしいです。

ポトスの画像

→育たないポトスにガーデニング初心者でも簡単な肥料を与える

ページ上↑

ページ下↓

8- 今回使用した道具
  • 植木鉢→再利用
  • 土を広げるシートなど
  • 鉢底ネット→100均
  • 鉢底石→100均
  • 赤玉土、鹿沼土、腐葉土など→ホームセンター
  • 緩効性肥料→通販
  • シャベル
  • ジョーロ
  • ゴム手袋→100均

ページトップ

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です