猛暑でも枯れない夏の花【キバナコスモス】種まき~開花まで栽培記録

Pocket

猛暑の『夏の庭』にお花が欲しいです。

暑さに負けず咲き続ける、オレンジ蛍光色の『キバナコスモス』。
丈夫で初心者でも育てやすい『夏におすすめのお花』です。

キバナコスモスの種まきをしました。

目次

1- 猛暑に強い夏の花

キバナコスモスの種の画像
キバナコスモスの種

細長い『キバナコスモス』の種です。

キバナコスモスの画像

夏の空に映える、濃いオレンジの花です。
丈夫で、ほぼ放任でも元気に咲き続けます。

今回は種まき用の『セルボックス』に、種をまく事にします。

セルボックスの画像

セルボックスは、種まき専用のセルトレイの大きいサイズです。
キバナコスモスは植え替えが苦手ですので、大きめのサイズにしました。

4月~7月頃まで数回に分けて種まきをすると、寒くなるまで花を長く楽しめます。

発芽温度は20度~25度です。
今回は早春ですが、暖かい時期でしたら『花壇に直まき』の方が楽です。

キバナコスモスは春にまいた種が夏に開花し、夏にまいた種が秋に咲きます。

ページ上↑

ページ下↓

2- 種まきの仕方

バーミキュライトの土の画像
ダイソー バーミキュライト

土は100均の『土売り場』に売っている、『バーミキュライト』を使用します。
バーミキュライトのように、肥料分の無い土の方が発芽率が上がります。

キバナコスモスの画像

トレーに乗せたセルボックスに、バーミキュライトを入れます。
土はたっぷりの水で、事前に湿らせておきます。

バーミキュライトはサラサラした土です。
セルボックスを持ち上げてしまうと、底の穴から土が下にこぼれ落ちてしまいますので、注意が必要です。

ジョーロの画像

バーミキュライトは水やりを繰り返す事によって、だんだん固まってきます。

キバナコスモスの種の画像

ひとつのボックスに、2~3粒ずつ種をまきます。

キバナコスモスの画像

まいた種の上にバーミキュライトを軽くかけます。
『種がなんとか隠れる程度に薄く』かけました。

さらに霧吹きで水やりをします。

発芽するまでは、直射日光のあたらない、明るい場所に置きます。

トレーに水をためて、芽が出るまで乾燥させないようにします。

ページ上↑

ページ下↓

3- 水やりの仕方

キバナコスモスの芽の画像

種まきから4日めです。
発芽しました。

芽が出そろったら、風通しと日当たりの良い場所で管理します。
光が少ないと『徒長(とちょう)』と言って、茎がひょろひょろと細長くなってしまいます。

徒長すると頭でっかちになり、苗が倒れてしまいます。

発芽したら水やりの仕方を変えます。
ハスロを付けたジョーロで、芽の上をまたぐように、ざっと水やりをします。
水やり後にトレーの水も捨てます。

朝あげた水が、夕方にはだいたい乾いているように調整します。
水のあげすぎでも徒長します。

ページ上↑

ページ下↓

4- 間引きのやり方

キバナコスモスの画像

発芽した芽の『葉どうしの先が重なってきたら』間引きを開始します。

最終的に、『ひとつのボックスに、芽がひとつになるように』します。
間引きとは育ちのいい方の芽を残して、他を摘み取る事です。

間引きをする芽の基準です
・葉と葉の間の茎が長い
・茎が細い、まがっている
・葉の色が薄い
・葉の形がおかしい
・虫食いがある
・発芽が極端に遅い
などです。

新芽の画像

茎が太く短くて、がっしりした芽を残します。

ページ上↑

ページ下

5- 定植の仕方

キバナコスモスの画像

キバナコスモスは『直根性(ちょっこんせい)』と言う、根が枝分かれしない種類の植物です。
植え替えの時に根を傷つけると、枯れてしまいます。

苗がごく小さなうちに、植え替えるのがコツです。
植え替えの時も、なるべく根を触らないようにします

キバナコスモスの画像

最初の双葉(ふたば)の次に、本葉(ほんば)と呼ばれる葉が出てきます。
本葉が2~3枚になったら、なるべく早く植え替えます。

定植は『日当たり』と『水はけ』がいい場所が向いています。

定植の一週間ほど前に土をよく耕して、雑草の根も丁寧に取り除きます。
水はけが良ければ、土質はあまり選びません。

背が高いので、花壇の奥側に植えると奥行きが出てきれいです。

尚、花壇に種を直接まく『直播き』の場合も、同様の場所に種をまきます。

キバナコスモスの画像

雑草防止に敷いた、防草シートの一部に穴をあけて定植しました。

株と株の間は、20~25センチほどあけます。
根が張るまでの1週間から10日ほどは、毎朝水やりをします。

水やりはハスロを付けたジョーロで、根元にそっと与えます。
苗が小さなうちは特に、跳ね返りで病気になりやすいので注意します。

ページ上↑

ページ下↓

6- 肥料のあげ方

地植えの場合、根付いたら水やりはほとんど必要ありません。
やや乾燥ぎみに育てます。

肥料はよほど土地が痩せていない限り、必要ありません。
肥料をあげすぎると茂りすぎますので注意します。

キバナコスモスの画像

後から肥料を足す事は簡単なので、様子をみて追肥をする程度にします。

キバナコスモスは2株以上育てると、種ができます。
一年草で冬には枯れますので毎年、種を取って育てます。

こぼれ種でも増えますので、増やしたくない場合は一株にします。

キバナコスモスの画像

種まきから3ヶ月、ひとつめの花が咲きました。

キバナコスモスの画像

一度咲き出すと、どんどん開花します。

ページ上↑

ページ下↓

7- 花がら摘みのやり方

キバナコスモスの画像

花の終わりの時期、種を取る用の花以外は、『花がら摘み』をします。

キバナコスモスの画像

咲き終わった花は、茎の根元から切り取ります。

キバナコスモスの画像

カットした部分から、新しいつぼみが出ています。

放っておくと種をつくる為に余分なエネルギーを使ってしまうので、花殻つみをした方が長く花を楽しめます。

キバナコスモスの画像

満開になると見応えがあります。

ページ上↑

ページ下↓

千日紅の画像

→夏に咲く花おすすめ【千日紅】ストロベリーフィールド種まき栽培記録

今回使用した道具
  • キバナコスモスの種: 通販
  • セルボックス:ホームセンター
  • バーミキュライト:100均
  • トレー:100均のシューズボックス
  • ジョーロ
  • シャベル

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です