【バラの肥料】が流れてとどかない!レンガでまわりを水鉢状にDIY

Pocket

『つるバラ』を庭に植えてから、2ヶ月がたちました。
最近、バラの成長が止まってきてしまいました。

目次

  1. バラの成長が止まった!
  2. 人気の肥料
  3. レンガでウォータースペース
  4. 新苗は花を咲かせてはいけない
  5. 咲かせても大丈夫!
  6. 今回使用した道具

1- バラの成長が止まった!

春に庭に薔薇を植えてから、2ヶ月がたちました。

バラの画像

最近、バラの成長が止まってきてしまいました。
春は成長期との事ですので、なんだかおかしいです。

バラ専用の土を株元に入れて植え付けましたが、今年は春先から雨がとても多く、もしかしたら肥料がなくなってしまったのかもしれません。
雨や水は肥料が流れてしまうそうです。

【追記】
肥料は1ヶ月ほどしか持ちません。
成長期には『少なめに、様子を見ながら』適時与えます。

ページ上↑

ページ下↓

2- 人気の肥料

ハイポネックス マグァンプK 中粒の画像
ハイポネックス マグァンプK

マグァンプKと言う『緩行性肥料(かんこうせいひりょう)』です。
水やりの度に『少しずつ』肥料成分が溶け出します。
失敗が少ないので初心者向けの肥料です。

でも口コミのいい液肥が他にもあるので、色々試してみたいと思います。

アルゴフラッシュバラ用液肥の画像
アルゴフラッシュ バラ用液肥

『アルゴフラッシュ バラ用液肥』という肥料です。

『マイローズ ばらの液体肥料』の口コミも良かったので迷ったのですが、とりあえずこちらにしました。
→パッケージがかわいいので、なんとなく選びました。

アルゴフラッシュバラ専用の画像

バラの肥料の画像
アルゴフラッシュバラ専用

4リットルの水にキャップ1杯入れます。

水4リットルを計るのは計量カップがないと不便です。

ペットボトルの画像

ペットボトルで量を計る方法論です。

930ミリリットルのペットボトルに、水を入れます。

ペットボトルの画像

口きりいっぱい入れると、1リットル弱になります。

こちらで4杯、水をジョーロに入れて、ハスロをつけてバラの株元にあげてみました。

肥料や消毒薬は迷ったら薄めにすると、失敗がないそうです。
初心者なので、濃いめがいいと思っていました。

バラの画像

ところが、どうやらこの場所は傾斜地みたいで、せっかくの肥料が横に流れてしまいました。

これではバラにうまく届きませんね。
なんとかしなければいけません。

【追記】
消毒薬は迷ったら薄くするのではなく、説明書通りに薄めないと効果がありません。

ページ上↑

ページ下↓

3- レンガでウォータースペース

色々調べましたら、バラの株元はすり鉢状にして、ウォータースペースというものを作らなければいけないそうです。

レンガの画像

レンガを使って水をせき止める事にしました。

オベリスクの画像

ここには後日、オベリスクを立てる予定ですので、サイズをあわせてレンガを置いていきます。

バラの画像

いったんレンガを置いて様子を見てみます。

バラの画像

位置をずらさないように少し掘って埋めていきます。

バラはまだ小さいので、根を傷つける心配はありません。
地上の枝の長さと方向に、根も張っているそうです。

バラの画像

少し大きめに掘って位置をあわせます。
なるべく水平に、さらにレンガどうしがピッタリあうようにします。

バラの画像

レンガの場所をしっかり決めたら、周りを埋めていきます。

バラの画像

できました!

バラの画像

水が脇に流れなくなりました。

ページ上↑

ページ下↓

4- 新苗は花を咲かせてはいけない

数日後

薔薇の画像

これってつぼみ!?葉っぱでは無いのでつぼみですよね?
花はまだ咲かないと思っていたので驚きました。

色々調べましたら、新苗でもつぼみはつくそうです。

でも、新苗は花を咲かせてはいけないと載っているサイトがとても多いです。
ひとつでいいから咲かせてみたいと思うのはいけない事でしょうか?

花を咲かせるのは体力を使うので、株の成長に問題が出てしまうとか。
残念です!

ページ上↑

ページ下↓

5- 咲かせても大丈夫!

あきらめきれずに調べてみました。

バラを育てている方々のサイトなどを色々調べてみたのですが(種類にもよるそうですが)体力を使う暑い夏以外は、新苗でも花を咲かせて大丈夫とのことです!

そうですよね。
つぼみを付けるという事は、薔薇さんは咲きたいという事ですよね。
お店では株を大きくして売らなければいけないので、咲かせないみたいです。
販売する方は大変ですね。

ただし、うちの薔薇さんは四季咲きなので、次から次へと咲かせてはいけないそうです。
花を咲かせるのはひと仕事だそうですので

  • 咲いた花は早めに切ってあげて負担をかけない
  • 咲いた後きちんと栄養をあげる

などのケアが必要みたいですので気をつけます。

つぼみとその周辺の新しい葉っぱにはアブラムシが狙ってついていますので、そちらも気をつけます。

この肥料が無くなったら、他の肥料も試してみたいです。

【追記】
その後色々勉強しまして、幼苗のバラは咲かせない事にしました。

赤ちゃんのバラは、まず株を大きくする必要があります。
株を大きくする→根をしっかり大きくはらせる→体力がつく。

花を咲かせるのは子孫を残す事なので、大きくなる前に力を使い果たしてしまう事が多いです。

バラの画像

→バラのアブラムシ退治『初心者』が出来るだけ無農薬でがんばりました

ページ上↑

ページ下↓

6- 今回使用した道具

  • アルゴフラッシュバラ用液肥: 通販
  • レンガ: ホームセンター
  • 手袋: 100均
  • シャベル
  • ジョーロ
  • ペットボトル

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です