【賃貸】の【カーテンレールが付けられない窓】をおしゃれにしたい

Pocket

築40年の寒い賃貸の玄関窓に、プチプチをはって防寒に成功しました。

その窓に、大好きなローラアシュレイのカーテンを付けました。

目次

1- 賃貸のカーテンレール

築40年の『賃貸』一軒家に引っ越してきました。

玄関の窓の画像

冬の玄関が寒すぎたので、玄関窓に『プチプチ』と『窓フィルム』を貼って、防寒に成功しました。

見た目もだいぶ良くなりましたが、さらにカーテンを付けておしゃれにしたいです。

でも我が家は『賃貸』ですので、玄関窓には『カーテンレール』を付けられません。

引っ越し先で『新たに3カ所』カーテンを取り付けました。
1: この場所は簡単に突っ張りポールで
2: もう1カ所は和室の引き戸の鴨居の内側に
3: さらに開きドアを取り外して、目立たない上部から固定して

今回は開け閉めをほとんどしない場所なので、簡単な『突っ張りポール』での取り付けです。 

ページ上↑

ページ下↓

2- ローラアシュレイのブランブル

玄関窓の画像

ここに『ローラアシュレイ』の、グリーンの花柄のカーテンを取り付けます。
ファブリックは『ローラアシュレイ』の花柄が一番好きです。

突っ張りポールの画像
ダイソー 突っ張りポール

カーテンレールの代わりに、100均の『突っ張りポール』を使います。

カーテンクリップの画像
ダイソー カーテンクリップ

同じく100均の『カーテンクリップ』で取り付けます。

突っ張りポールの画像

この場所は、開け閉めを想定していないので、小さめのカーテンクリップにしました。

リングのサイズがギリギリでしたので、『ポールのストッパーをいったん外して』から、差し込みます。

カーテンの画像

カーテンクリップで『カーテンの裏側』を挟みます。

この柄はローラアシュレイの『ブランブル』という柄です。
昔、この柄にひとめぼれして以来、ずっと好きな柄でした。
日本の『自由が丘のお店』が閉店してしまって残念です。

カーテンの画像

それをポールに通します。

突っ張りポールの画像

ポールは窓枠の、手前ギリギリに設置します。
しっかり突っ張らせて、取り付けます。

カーテンの画像

左右のカーテンは、中央を裏から洗濯バサミで止めて、開かないようにします。
カーテンクリップは止めないと、中心が開いてしまいます。

カーテンの取り付けができました。

ページ上↑

ページ下↓

3- タッセルで成形して取りつける

タッセルは同じグリーンの物がありました。
再利用なので、房部分が少し痛んでいます。

しばってかわいい感じにしたいので、タッセルの先は切ってしまいました。

カーテンクリップの画像

余ったカーテンクリップに、切ったタッセルのひもを通します。

カーテンの画像

それをカーテンの裏側に、カーテンクリップで挟んで止めます。
このサイズでは、端側の真ん中あたりに止めました。

カーテンの画像

二重に結んで止めました。
端は少し残して、結んでカットします。

カーテンは自然なシワではなく、手で折りたたみながら、形を人工的に作ります。
『アコーディオンのように』たたむのがコツです。

カーテンの画像

左右が対称になるように、反対側も止めます。

カーテンの画像
ローラアシュレイ ブランブル

設置ができました。
カフェカーテンも付けたいですね。

 

ページ上↑

ページ下↓

障子の画像

→破れない障子にしたい【テーブルクロス】を両面テープで貼るだけ簡単

今回使用した道具
  • 突っ張りポール:100均
  • カーテンクリップ:100均
  • 洗濯バサミ:100均
  • タッセルなどのひも:再利用
  • カーテン:ローラアシュレイ

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です