破れない障子にしたい【テーブルクロス】を両面テープで貼るだけ簡単

Pocket

『障子』がすぐ破れます。
破れない障子にしたいです。

賃貸ですので障子以外の物にする、大掛かりなリフォームは無理です。

現状回復ができる範囲で、自分で簡単にDIYしたい。
どうせでしたら『おしゃれ』に。

塩ビテーブルクロスを、両面テープで貼ってみました。
防音・防寒効果も向上しました。

目次

1- 破れない障子

賃貸の和室の畳に、クッションフロアをDIYで敷きました。

障子の画像
投稿当時と変わってベッドは撤去してあります

→【賃貸の和室】おしゃれに防寒DIY!畳にクッションフロアを敷く

一見きれいに見えますが、障子が何カ所も破れています。

障子の画像
100均のお花の障子用シールではふさぎきれず、装飾用の白いマスキングテープも使っています。

あちこち破れていますが、猫ちゃんがいるわけではありません。
犯人は母です。

この障子を開けた縁側が、母のお気に入りの洗濯物干しスペースです。

『あ、入っちゃった』とよく指を入れます。
ありえません(^-^;)

もう性格がお分かりになると思いますが、細かい事が母は苦手です。
補修や修理はいつも私の担当です。

破れない障子にしたいです。

さらに、せっかく畳をクッションフロアにしたので、ただの障子紙では無い、おしゃれな感じにしたいと思います。

ページ上↑

ページ下↓

2- テーブルクロス

丈夫なプラスチック障子紙を使った事もあります。
しかし今回は、さらに丈夫な塩ビのテーブルクロスを使いたいと思います。

テーブルクロスの画像
カインズ 塩ビテーブルクロス

ホームセンターで計り売りのテーブルクロスを購入しました。
上の明り欄間(らんま)、掃き出し窓、腰高窓の分で、120センチ巾のテーブルクロスを
6メートル購入です。

和洋折衷の雰囲気の部屋に合うように、和紙風の花柄を選びました。

カーテンの代わりにもしたいので、手をかざしてみて透けない、白っぽくて明るい、なるべく厚地の塩ビ素材という条件で選びました。

ページ上↑

ページ下↓

3- 両面テープ

障子の画像

まず、今張ってある障子紙をはがします。

障子の画像

はがしにくい場合は、障子はがし液が売っています。
私は水スプレーをしてはがしました。

両面テープの画像
3M スコッチ 両面テープ 5mm×20m

貼り付けも取り外しも楽なように、両面テープで貼り付けます。

障子の画像

障子の枠からはみ出ない、5ミリの両面テープです。
ネット通販で購入しました。

障子の画像

端から貼っていきます。

障子の画像
一方向を全て貼ったら、いったん剥離紙をはがします。

障子の画像
その上に別方向の両面テープを貼ります。
剥離紙は全てはがします。

ページ上↑

ページ下↓

4- 塩ビ素材

テーブルクロスの画像

テーブルクロスはシワがあるとキレイに貼れません。
表面を外側にして、シワが入らないようにしっかり固く巻きます。

掃き出し窓の、広いサイズから貼っていきます。
万が一長さが足らなくなった場合、広い面はつぎはぎをすると目立つからです。

ちなみに上の明り欄間(らんま)の狭いサイズは、脇の余ったテーブルクロスを使う予定です。
縦横の柄を揃えないといけない場合、もう少し長さが必要です。

障子の画像
テーブルクロスは両面テープの位置よりも、少し余裕をもって置きます。
その後の下方向に影響しますので、置く時に曲がらないように注意します。

障子の画像
シワが入らないように押しつけながら、クルクルと下まで広げます。
テーブルクロスの巻きがゆるいと、貼り付け時にシワが入ってしまいます。

障子の画像
まず長さをカットします。
定規を当てて、カッターで切ります。

障子の画像
次に周りの余分な部分を切ります。

障子の画像
一面が貼れました。

障子の画像
裏返して表面にした状態です。
透けませんし、採光も申し分ないです。

ページ上↑

ページ下↓

5- タッカー

タッカーの画像
ダイソー タッカー

強度を増すために、さらにタッカーで止めます。

タッカーの画像
タッカーの針

100均で手に入りますが、針は別売りでした。

タッカーの画像
強く押しつけないと針が浮きます
タッカーの上に反対側の手を添えて、体重をかけて付けるとしっかり付けられます。

障子の画像
めくれにくくなりました。
外周と、中央の数カ所に針を打ちました。

障子の画像
腰高窓の方も貼れました。

ページ上↑

ページ下↓

6- 防音

テーブルクロスにしたのには、もうひとつ目的があります。
防音対策をするためです。

古い家のためか、音漏れがひどいんです。
家の中の話し声が、ほぼ鮮明に聞こえます。

音漏れの原因は大きく2つあります。
空気の振動で伝わる音と、壁や床などの振動で伝わる音です。

我が家は一軒家ですので、空気を伝わる音漏れが多いはずです。
築40年の古い家ですので、窓のすき間をふさぐ事が有効です。

窓はサッシ窓ですので、障子を二重窓の代わりに使って、防音効果を上げたいと思います。

すき間テープの画像
OIYEEFO 隙間テープ 気密 騒音防止 4本 12m (D タイプ, ブラウン)

すき間テープを使います。

すき間テープの画像
2本が連結していて、クッション風のタイプです。
気密テープとも言います。

すき間テープの画像
一本ずつに切ります。

両面テープの画像
ニトムズ はがせる両面テープ 強力接着用 15mm×10m T3830

強力な両面テープが付いていますが、我が家は賃貸で現状回復が必要です。
はがせる両面テープを使います。

すき間テープの画像
すき間テープの剥離紙をはがし、粘着面の上にはがせる両面テープを貼ります。

すき間テープの画像

両面テープの幅が太いので、縦半分に折り返します。

すき間テープの画像
すき間テープの剥離紙をいったん戻しておきます。

障子の画像
まず障子の右側のすき間から貼っていきます。
手前に貼るのが簡単ですが、見た目を重視して奥側にすき間テープを貼ります。

外側からすき間ができないように、障子に押し付けてテープを貼るのが簡単です。
しかし今回は内側から貼ってみます。

柱の画像

割り箸に
『柱の手前の空間 + 障子の幅』の記しをつけて、簡単なスケールを作ります。
割り箸を少しずつずらしながら、線を引く代わりにマスキングテープを貼ります。

すき間テープの画像
マスキングテープギリギリに、すき間テープを貼ります。
時々障子を閉めながら、様子を見て調整します。

すき間テープの画像
その後、マスキングテープをはがします。

障子の画像
左側にも貼ります。

すき間テープの画像
すき間の幅がギリギリですが貼れました。

障子の画像
次に右側の障子と、左側の障子の重なり部分をふさぎます。

障子の画像
開けた時に見えないように、手前側の裏に貼り付けます。

障子の画像
手前側の障子をいったん外し、すき間テープを貼ると簡単です。

障子の画像
すき間がふさがりました。
やや開け閉めが引っかかりますが、何とかなる範囲です。

障子の画像
気密性が高まりましたので、冷暖房効果も向上しました。

防寒効果をあげるため、冬はテーブルクロスの裏側にプチプチを貼る予定です。

或いは厚手の透明テーブルクロスを、裏側にさらに重ねて貼っても有効だと思います。
障子の画像
穴が空かなくなりました。

ページ上↑

ページ下↓

今回使用した道具
  • 塩ビテーブルクロス: 120センチ巾6メートル→ホームセンター
  • 両面テープ3Mスコッチ5mm×20m→通販
  • すき間テープ: OIYEEFO12m (D タイプ, ブラウン)→通販
  • はがせる両面テープ:ニトムズ強力接着用 15mm×10m T3830→通販
  • マスキングテープ→100均ダイソー
  • タッカー&タッカーの針→100均ダイソー
  • 水スプレー
  • ハサミ
  • カッター
  • 差し金(金属製定規)
  • スケール
  • 濡れぞうきん
  • バケツ 

ページ上↑

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です