かゆい!毎日ダニに刺される【ハーブの精油】虫除けスプレーを手作り

Pocket

ハーブの精油には、『虫除け』効果のある種類があります。

『ダニ』に刺されやすい体質で、殺虫剤も身体に合わない為、精油の『虫除けスプレーを自作』しました。

とても良い香りで、虫除け効果があり、しかもリラックス効果や殺菌効果もあるスプレーができました。

目次

1-ダニ退治・駆除は大変

私と母は、ダニに刺されやすい体質です。

最近は住宅の気密性が高まったからなのか?温暖化の影響なのか?それともダニが進化したのか?一年中悩まされます。

アレルギー反応も出るので、ちょっと刺されただけでも、大きく腫れてしまいます。
しかも、なかなか治りません。

薬剤で床や畳を消毒してみたり、空間を噴霧殺虫してみたり、超音波の機械を購入してみたり、本当にさまざまな対策をしてきました。
けっこうな金額も使いました(T_T)

しかし、ダニはどこにでもいるので、買い物をした商品や、宅配便や郵便物にまで付いてやってきます。
しかも短時間で、爆発的に増えます。

市販のハーブ系の防虫スプレーを使っていたのですが、配合が変わったのか、なかなか効きづらくなってしまいました。

しかもエタノールの分量が多すぎて、科学物質アレルギーが少しある私の体質にも合わなくなってしまいました。

仕方がないので『ダニに効果があるという精油』を、自分で購入して、『虫除けスプレー』を自作してみました。

希釈する濃度を色々変えてみて、一定の効果があった方法をご紹介します。

同じ悩みで困っている方の、参考になれば幸いです。

ちなみに最初に記載しておきますが、今のところ実行している対策は以下の数種類です。
経験上、ひとつだけでは無く、組み合わせて対策する事をおすすめします。

・虫さされ→皮膚科のぬり薬が効きます。
・ハーブ系のダニよけスプレー→科学物質アレルギーがなければ有効です。
・超音波のダニよけ機械→閉め切った空間で、数時間がたつと、一定の効果があります。
・ふとん→スプレーをしてから干すか、スプレーをしてから掃除機をゆっくりかけます。ふとん乾燥機も効果的です。
・部屋全体→ダニは家具などの下では無く、見える場所にいるので、スプレーをしてから、よく掃除機をかけます。片栗粉などを薄くまいて、一時間ほどたってから掃除機をかけるのも有効です。殺虫剤にアレルギーが無ければ、ダニ用の粉が売っています。
・その他→ダニは外から持ち込まれます。花粉と同じと考えて、玄関でよくスプレーをかけて、ふるって落としてから室内に入ります。

同じ家族でも体質が違う為、ひとりだけ刺されたりします。

皮膚科に行くと、『ダニですね。ぬり薬を出しておきます。』と言われるので分かります。
最初の頃は納得できず、何件か皮膚科をハシゴしてしまいました(-。-;)

目次へ

最後へ

2-『エッセンシャルオイル』と『アロマオイル』の違い

『エッセンシャルオイル』と『アロマオイル』は、よく似ていますが違います。

エッセンシャルオイル=精油です。

精油(エッセンシャルオイル)は、植物から取れる油です。

またアロマオイルには、精油の他に、合成の原料などが含まれています。

こちらでは天然の原料の、『精油=エッセンシャルオイル』を使います。

目次へ

最後へ

3-『防ダニ効果』のある精油の種類

色々ある精油(エッセンシャルオイル)の中で、個人的に使ってみて、一定の効果があった物をご紹介します。

シトロネラ精油の画像
シトロネラ 50ml インセント エッセンシャルオイル 精油 アロマオイル

精油の『シトロネラ』です。
イネ科の『シトロネラグラス』という植物から取れます。
イネ科のアレルギーがある場合は使えません。

レモンのような良い香りがして、『虫除け効果』のあるハーブとして有名です。

ダニだけではなく、蚊にも効果があります。

抗菌作用や防臭効果もあり、他には肩こりや筋肉痛にも効能があります。

ユーカリ・グロブルス精油の画像
ユーカリ・グロブルス 50ml インセント エッセンシャルオイル 精油 アロマオイル

こちらは『ユーカリ』の精油です。
フトモモ科の樹木です。

『グロブルス』は、ユーカリの精油として一般的な物です。
ユーカリには他にも、少しずつ効能の違う種類があります。

香りはスッとした、爽やかな香りです。

防虫効果の他にも、咳(せき)や痰(たん)切りにも効果があります。

鼻づまりにも効くので、花粉症の改善にもおすすめです。

抗菌・抗ウイルス効果がある事も確認されています。

消臭効果があるのも、嬉しいです。

同じく、肩こりや筋肉痛に効果がある精油です。

炎症を抑えるので、ニキビや虫さされにも効きめがあります。

母は特に『虫さされ』にアレルギー反応がおこるので、この精油を選びました。

目次へ

最後へ

4-『ハッカ』と『ペパーミント』の違い

もうひとつ、今回の『ダニよけ』に効果的な精油です。

色々揃えられない場合は、これだけでもかなり効果があります。
ただし強い香りです。

ハッカ油の画像
武内製薬 ハッカ油 20mL ×3本 天然 SAKURA&NATURAL

精油の『ハッカ油』です。
『ミントを原料』として作られます。

『ミント』は、シソ科ハッカ属の全てを含みます。
さらに『ミントの和訳』がハッカです。

『ハッカ』と『ペパーミント』は、『ミントの中の違う品種』です。
品種が違うだけで、全て『ミント=ハッカ』です。

そして単にハッカと言うと、『ニホンハッカを意味する事もある』という状況です。

ニホンハッカは、ミントの中で主成分のメントールが一番多いです。

ハッカ油は、ダニの他に『ブヨ』にも効果的です。

除菌と消臭効果があるので、洗濯物の部屋干し臭の軽減にも使えます。

ラベンダーなども効果がありますが、個人的な香りの好みで、この3種類を使っています。

完成した虫除けスプレーの香りは、ひと事で言うと『スパイシーで爽やかな中性的な香り』です。

レモンの甘さがわずかにあるものの、甘すぎず、男女関係なく使えると思います。

目次へ

最後へ

5-手作り『虫除けスプレー』の作り方

精油を希釈して、虫除けスプレーを自作します。

無水エタノールの画像
健栄製薬 無水エタノールP 500ml

エタノールや水などを使って、精油を薄める事を『希釈(きしゃく)』といいます。

精油=エッセンシャルオイルは、成分を『濃縮』した油です。
刺激が強すぎる為、希釈せずに直接使う事はありません。

【虫除けスプレー分量】
◆ 無水エタノール:5ミリリットル
◆ 精油(3種類・ハッカ油・シトロネラ・ユーカリグロブルス)をそれぞれ20滴ずつ
◆ 水道水100ミリリットル

精油のビンは一般的に、一滴ずつ使用できる構造になっています。
一滴=0.05ミリリットルです。

スポイトの画像
カインズ スポイト 10ml

まず、無水エタノールを5ミリリットル、容器に入れます。

そこに精油を入れていきます。
精油を入れる順番は、関係ありません。

精油は油なので、そのまま水で薄めても分離してしまいます。

バーテンダー並みに、しっかりシェイクします。

そこに100ミリリットルの水を入れて、またよく混ぜます。

水はやや多い、150ミリリットルでも作ってみました。
その場合、ダニにはやや効果が薄いようでした。

これでも一般的な希釈率よりも、水を増やしてあります。
我が家の場合、十分な効果がありました。

【計る道具が無い場合】

計量の道具が無くて、困る場合があります。
小さいスプーン(=こさじ)でも代用ができます。

スプーンの画像
ティースプーン(こさじ)=5ミリリットル

◆ ティースプーン(こさじ)一杯=5ミリリットル

コーヒーなどをかき混ぜる、小さいスプーンです。

水は500ミリリットルのペットボトルを、単純に5分の1にすれば、何とかなります。

それほど厳密に計らなくても、問題はありません。
ただ高濃度で使用すると刺激が強すぎるので、迷ったら少し薄めに作ります。

また、市販の物と違って、作り置きができません。

冷暗所で保管して、3日程度で使用できる量を作ります。

無水エタノールは揮発性が高いので、換気扇を回してから使います。
お酒に弱い私は、換気扇を回さないと酔ってきます(*^_^*)

以上は個人的に、色々と試してみた分量です。
効果には個人差があると思います。

目次へ

最後へ

6-精油のスプレー容器の素材

精油やアルコールを入れる容器には、素材に制限があります。

PET(ポリエチレンテレフタレート)=いわゆるペットボトルの素材などは、高濃度のアルコールを入れると、溶けてしまうからです。

スプレーボトルの画像
AKEIE 高品質HDPEスプレーボトル 遮光 500ml

また、一般的に成分が変質しないように、光を遮るタイプのスプレーボトルが適しています。

【使用できるスプレー容器の素材】
◆ ポリエチレン=PE
◆ ポリプロピレン=PP
◆ ガラス
などが最適です。

アロマオイルの画像

精油の空き瓶や、アロマオイルの空き瓶なども、精油とエタノールのブレンドに使えます。

エタノールの空き容器も、ひとつ残しておくと保存に使えます。

同じ理由でスプレーをする場所に、樹脂系の物がある時は気をつけます。
毛皮や塗装した家具、フローリング、電化製品などには、直接吹き付けないようにします。

目次へ

最後へ

7-精油はペットに注意!

ペットと同居されている場合は、精油の使用に注意が必要です。

特に『猫』は要注意です。
猫の肝臓には、植物性の物質を分解する機能がありません。

鳥などの個体が小さい動物も、影響を受けやすいので注意が必要です。

犬なども人間の数千倍以上の嗅覚を持っていますので、迷惑をかけてしまうと思います。

獣医師への相談をおすすめします。

目次へ

最後へ

8-エタノールが使えない場合はどうすればいい?

アレルギーなどや、入手が困難等の理由で、エタノールが使えない場合があります。

油をただ水で薄めて、そのままスプレーすると、よく振ったとしても分離して混ざりません。

一定の効果はあると思いますが、スプレーノズルがすぐに目詰まりをおこしてしまいます。

効果は落ちますが、化粧コットンや布などに、精油を数滴含ませて、一定間隔で置いておくだけでも虫除けができます。

目次へ

最後へ

9-精油の注意点

精油で作ったダニよけスプレーは、殺虫剤ではありません。
ダニが嫌う臭いで、弱ったり逃げていくだけです。

また、エタノールは火気厳禁です。
火を使っている場所で、虫除けスプレーを作るのは危険です。

揮発性が高いので、ストーブなどにも注意をします。

お肌が弱い人や、幼児、高齢者なども注意が必要です。
精油には収れん作用がある物も入っているので、妊婦も使えません。

目次へ

今回使用した道具
    • 精油シトロネラ:通販
    • 精油ユーカリ・グロブルス:通販
    • 精油ハッカ油:通販
    • 無水エタノール:通販
    • アルコール対応スプレーボトル(ポリエチレン=PE、ポリプロピレン=PP、ガラスなど):通販
    • スポイト:通販やホームセンター

目次へ

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です