【築40年の賃貸一軒家】寒いお風呂→窓にシャワーカーテンで防寒対策

Pocket

 築40年の『賃貸』一軒家に、引っ越してきました。

お風呂が『冬の露天風呂』並みに寒すぎます。

窓にシャワーカーテンを設置して『空気の層』を作り、『コールドドラフト対策』をしました。

簡単DIYでしたが、とても暖かくなりました。

目次

1- 『プチプチ』で窓の防寒対策

古い日本家屋のお風呂は『極寒』です。

お風呂の窓の画像

窓から降りてくる冷気で、『冬の露天風呂』並みに寒いです。

窓に『シャワーカーテン』を設置して、防寒対策をする事にしました。

その前にまず『窓本体』に『プチプチ』を貼って、空気の層を作りたいと思います。

川上産業 プチプチ 緩衝材 ダイエットプチ d42L 三層品 幅1200mm×全長42m ナチュラル(半透明)
川上産業 プチプチ 緩衝材 ダイエットプチ d42L 三層品 幅1200mm×全長42m ナチュラル(半透明)

『プチプチD42L』です。
プチプチ部分が『サンドイッチ状』になっていて、防寒の口コミが良かった商品です。
かさばるので通販で購入しました。

プチプチで1層目、カーテンで2層目の空気の層をつくる計画です。

まず、窓のサイズを正確に計って、『寒さの原因の窓枠』も含めてプチプチを切ります。
(窓が開く程度に広めに貼ります)

アルミテープの画像

そのプチプチから『空気が漏れないよう』に、対策をします。
キッチン用のアルミテープを『タテに細くカット』して、プチプチの周りをふち取ります。

ニトムズ両面テープの画像
ニトムズ はがせる両面テープ 強力接着用

こちらを『原状復帰』が楽なように、裏残りしづらい両面テープで、窓本体にはりつけます。

窓にプチプチを貼った画像

これで『1層目の空気の層』ができ上がりました。
窓は開けられます。

ページ上↑

ページ下↓

2- シャワーカーテンで『コールドドラフト』対策

さらに手前側に、『シャワーカーテン』をつけます。

シャワーカーテンの画像

シャワーカーテンは、『突っ張り棒』で取り付けます。

シャワーカーテンを、窓のサイズに『ぴったり』合わせます。

カーテンの重りをカットする画像

まず、シャワーカーテンの『裾の重り』として付いている部分を、ハサミでカットして取り出します。
太めの紐が、カーテンウェイトの代わりに入っていました。

カーテンウェイトをカーテンに付ける画像

いったんカーテンを窓に吊して、たての長さを『実寸で計り』、しるしをつけます。

両面テープを今計った『裾の丈の長さ』の位置に付けます。
しるしを付けた位置の『上側』に貼ります。

次に両面テープの剥離紙をはがし、『両面テープ上』に、重りの紐を乗せます。

この『重りの紐の位置が、カーテンの長さ』です。

窓枠の裾まで、めいっぱいの長さにして『少しするように、すき間が無い』ようにします。
すき間があると、空気がもれて寒いです。

カーテンを切る画像

両面テープの幅で、2つ折り分の幅を残してハサミで切ります。

カーテンに両面テープを付ける画像

まず、端ギリギリに両面テープをはり、折り曲げて一段はり合わせます。

カーテンに両面テープを付ける画像

カーテンに両面テープを付ける画像

折り曲げた上にもう一度、両面テープをはります。

カーテンの画像

さらにもう一段折り返して2つ折りにしました。
重りの紐が中に見えなくなり、カーテンの裾が出来上がりました。

本当はミシンなどで縫えばいいのでしょうが、今回はとりあえず『ひと冬』持てばいいので、両面テープで対応する事にしました。

ページ上↑

ページ下↓

3- バランスカーテンで『すき間風』をふさぐ

カーテンの画像

余ったシャワーカーテンで、上部分を塞ぐバランスを作成します。

上からの寒い空気の侵入を防ぎ、『すき間風対策』をします。

カーテンに両面テープを付ける画像

バランスは『横はばの長さを余らせて、ドレープを付ける』と、逆にすき間が出来ます。

窓枠内側の、横の長さ『ぴったり』に合わせてカットします。

カーテンを切る画像

横の長さ + (左右の)両面テープ2折り分の端に両面テープをつけて、2重に折り曲げて両面テープで止めます。

カーテンに両面テープを付ける画像

完成イメージは、長方形の布です。

ページ上↑

ページ下↓

4- 『縫わないな、』カーテンの完成

バランスの長い方の一辺に、両面テープを付けます。
こちらも窓枠本体に付けますので、後残りしづらい両面テープにします。

窓にカーテンを貼る画像

窓枠上部に直接はりつけます。

バランスカーテンは後から手前に引っぱり出します。
手前側に『突っ張り棒』で、シャワーカーテンを取り付けます。

その際に両脇に『耐震用のジェルパット』を挟んで、突っ張り棒が落ちないようにします。

シャワーカーテンの画像

シャワーカーテンを今の『突っ張り棒』で取り付けてから、奥のバランスを手前に引き出します。

シャワーカーテンの画像

最後に『窓の開け閉めをしない』シャワーカーテンの右側の『すき間』をふさぎます。
カーテンの右端の『上~下までの全て』を、両面テープで『窓枠本体』に貼りつけます。

これでサイドからの冷気が防げます。

シャワーカーテンの画像

左側は換気のため、開け閉めが出来るようにしておきます。

シャワーカーテンの画像

完成です!
冷気が全然違います!

露天風呂から屋内風呂に格上げになりました。

ページ上↑

ページ下↓

カーテンの画像

追記
→その後、約2年たちました。
『ひと冬』もてばいいと思っていましたが、我が家の場合は、特に痛みもあまり無く、修理も無しで使用しています。

窓の画像

→【賃貸の寒い玄関窓】プチプチでおしゃれに防寒対策

今回使用した道具

  • プチプチD42L:通販
  • シルバーアルミテープ:ホームセンター
  • シャワーカーテン:通販
  • 裏残りしにくい両面テープ窓枠用:通販
  • 突っ張りポール:100均
  • 耐震マット:100均
  • ハサミ
  • スケール

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です