100均の【紙ひも】で簡単【お正月飾り】のしめ縄リースを作る方法

Pocket

100均の紙ひもで、おしゃれな『お正月飾り』が作れます。

ねじって止めるだけで、超簡単な『しめ縄飾り』の完成です。

目次

1-お正月飾りはいつから?いつまで?飾るのか

お正月飾りは、正月事始め(しょうがつごとはじめ)の12月13日以降に飾り始めます。

現在はクリスマスリースを飾る人も多いので、クリスマスが過ぎた後に飾る場合が多いと思います。

年末では、苦を連想する29日と、お葬式と同じ一夜飾りの31日は、縁起を担いで避けます。

一方、お正月がすぎて片付けるタイミングは、地域によりますが、七草粥を食べる7日まで飾る場合が多いです。

目次へ

最後へ

2-100均の紙ひもで『しめ縄』を作る

しめ縄も100均に売っています。
なかなか風情があって、ステキです。

紙ひもの画像
ダイソー 紙ひも 白

しかし今回は、紙ひもでしめ縄から作ってみます。

紙ひもの画像

ちなみに紙ひもの端を外す場所は、輪の内側からでした。

紙ひもの画像

約1メートルの長さにした紙ひもを、20本束ねます。

左右の輪の部分は、カットしておきます。
後からでも大丈夫です。

紙ひもの画像
10本ずつのふた束に分けて、それぞれをねじります。

紙ひもの画像
それぞれ内側に向かって、しっかりねじります。

紙ひもの画像
それぞれのねじった先を、止めておきます。

紙ひもの画像
それぞれの『ねじり』が取れないようにしながら、2本もねじっていきます。

紙ひもの画像
最後に端は、束ねておきます。

『しめ縄』はこれで完成です。

目次へ

最後へ

3-モミジの葉やマンリョウを飾る

紙ひもの画像

作ったしめ縄を丸くします。
画像のように巻いていきます。

紙ひもの画像
好みの大きさに、調整します。
この時、紙ひもの端を切りそろえておきます。

モミジの画像
造花でも大丈夫ですが、私は庭にあったモミジの葉を使いました。
この時期、ちょうど紅葉しています。

紙ひもとモミジの画像
モミジをカットして、紙ひものすき間に、差し込んでいきます。

お正月飾りの画像
マンリョウの実も差し込みました。

マンリョウの木もあるのですが、実の数が少なかったので、こちらは造花を使いました。

ラメ紙リボンの画像
シモジマ HEIKO Original Ribbon

ラメのリボンも足していきます。

ラメ紙リボンの画像
モミジを差し込んだ場所を、しばって固定します。

ラメ紙リボンの画像
ハサミの側面などを使って、リボンをしごきます。

お正月飾りの画像
このリボンは、クルクル丸まります。

お正月飾りの画像
リボンは2カ所止めました。

目次へ

最後へ

4-玄関ドアへ吊す部分を作る

リースと同じく、玄関ドアに吊す為のひもを付けます。

お正月飾りの画像
適当な長さに切った、紙ひもを結びます。

私は真上にしましたが、すこしずらして、斜めにしてもステキです。

お正月飾りの画像
いったん結んで、輪にしておきます。
つるす場所によっては、ほどいて直接、結びつける場合もあります。

ドアによっては、S字フックや吸盤が必要な場合があります。

お正月飾りの画像
おしゃれなお正月飾りが出来上がりました。

目次へ

今回使用した道具
    • 紙ひも:100均
    • ラメ紙リボン:通販
    • モミジやマンリョウの実:通販や庭木
    • ハサミ

目次へ

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です