【スーパーきゅうり】が上に伸びない初心者にも分かる摘芯のやり方

Pocket

庭に『スーパーきゅうり』を植えました。
病気に強い、初心者向けのキュウリだそうです。

でも1本は連日の猛暑で枯れ、1本は上に伸びません。

色々くわしく調べたら、きゅうりは摘芯(てきしん)という、余分な茎などをカットする作業が必要みたいです。

目次

1- きゅうりが上に伸びない

きゅうりの画像

庭に3本植えた『スーパーきゅうり』です。
右側の2本は初心者のお世話でも生き延びてくれています。

きゅうりの画像

最初は同じような背丈だったのですが、現在は真ん中はすくすく伸びていますが、右側のもう1本が上に伸びてくれません。

これは何かいけないのだろうと色々調べたら、きゅうりは余分な茎などを、カットしないといけないらしいです。

でも初心者なので、どこをどう切ればいいのか、まったく分かりません。

摘芯の仕方を色々調べてみました。

ページ上↑

ページ下↓

2- 実は親づるにできる

きゅうりの実は親づるという、おおもとの茎に優先的になります。

それがある程度なって、疲れてくると、子づる、孫づるになるそうです。きゅうりの画像

地面の根っこから延びている、おおもとの茎が親づる。
親づるから脇に生えているのが子づる。
さらに子づるから脇に生えているのが孫づるです。

きゅうりの画像

きゅうりの茎は『つる』と呼ぶそうです。
私がつるだと思っていた細いつるは『巻きひげ』と言います。

きゅうりの画像

葉っぱが生えている、つるの分岐点の場所を節(フシ)と言って、このフシに子づるも花も実もなります。

きゅうりの絵

このフシを下から数えて6フシ位は、葉っぱ以外は全部とるそうなので取ってみました。

きゅうりの画像

下は親づると葉だけになりました。

きゅうりの摘芯は指先でできます。
ハサミを使う場合は、熱湯などで消毒します。

ページ上↑

ページ下↓

3- 上は葉を2枚残す

6フシめ位から上は子づるを残します。

きゅうりの絵

家庭菜園の場合に限られますが、6フシめ位から上は、子づるも孫づるも、葉っぱを2枚残してその先を摘心します。

きゅうりの画像

きゅうりの画像

プロ仕様ですと、もっと細かく摘芯するそうですが、超初心者の私は、家庭菜園仕様でいきます。

ページ上↑

ページ下↓

4- 上は孫づるを切らない

きゅうりの絵

11フシめから上の孫づるは、伸びすぎた物以外を残します。

きゅうりの絵

また『つるが太くて元気のいい子づる』は、6フシめ以上でも少し摘芯せずに残します。

きゅうりの画像

太い子づるを残します。

ページ上↑

ページ下↓

5- 目線位で親づるを摘心

収穫で手が届くように、目線位の高さまで親づるが伸びたら、摘心をします。

きゅうりの絵

そうすると、子づると孫づるに栄養が行くそうです。

きゅうりの画像

左側のスーパーきゅうりが支柱の高さを越えました。

昨日の朝まで支柱と同じ高さでしたが、一日でずいぶん成長しました。

きゅうりの画像

摘芯をしました。

きゅうりの画像

これで下の方に栄養がいくはずです。

ページ上↑

ページ下↓

6- 葉が混んだら取る

きゅうりは日の光が大好きで、光が当たらないと育たないそうです。

親づるを目線の位置で摘芯した位から、下の方の葉っぱから取っていきます。

きゅうりの画像

優先順位は

  • ①病気の葉
  • ②混みあっていたり、下の方の大きくなりすぎた葉
  • ③外側の葉

の順番です。

葉を取りすぎると育ちませんので、1回に取る葉っぱは、多くて3枚まで。
その時、病気や黄色くなった葉っぱはカウントしません。
また、下の双葉は取りません。

葉を取る事を『摘葉(てきよう)』と言います。

ページ上↑

ページ下↓

7- 一番花は取る

植え付けてから9日め、左側の成長が早いスーパーきゅうりの花がつきました!

きゅうりの画像

きゅうりの花は、実がならない雄花と、実がなる雌花があります。

きゅうりの雄花の画像

こちらが雄花です。

きゅうりの雌花の画像

雌花には初めからミニキュウリがついています。

最初に咲く雌花を一番花と言うそうですが、これは取るそうです。

きゅうりの画像

株が大きくなる前に実をつけると、疲れてつるが伸びないそうです。

一番花を取ると言うのは、花をひとつ取るという意味ではありません。
株が小さい内は実になる雌花を全て取るという事です。

きゅうりの画像

一方、雄花ですが、サクサク感に違いがあるそうですが、きゅうりは受粉しなくても実がなります。

『じゃあ、雄花は取ったほうが株の負担にならないの?』。
と思いましたが、特にそのままでも負担にはならないそうです。

きゅうりの実を大きくしすぎると、きゅうりの株に負担がかかるので、15~18センチ程で収穫するのがおすすめです。

一番花を取っても早めになってしまった実は、まだ小さいうちに収穫するそうです。
だいたい10センチ以下で収穫するのがいいみたいですが、味はいまいちのようですので、やはり株を大きくしてから育てたいですね。

水分の多いきゅうりは朝の収穫が向いています。
でも夕方までに大きくなってしまったら、即収穫しないと、次の日にはオバケきゅうりになってしまいます。
お店で売っているきゅうりは20センチ位ですが、それ以上大きくなるとおいしくないそうです。

ページ上↑

ページ下↓

8- 肥料は離して

キュウリの肥料の画像

苗を植え付けて2週間くらいたち、雌花が咲き始めたら追肥を開始します。

説明書の画像

量は1株当たり60グラムを20日ごとに与えます。

これに関しては1平方メートル(一辺の長さが1メートルの四角の広さ)で、2週間おきとしているマニュアルもありました。

でも、毎回量を計るのは面倒ですね。

ペットボトル用ジョーロの先の画像

100均のペットボトルにつけるハスロです。
ポトスに肥料を与えた時に購入したものです。

ポトスの画像

→育たないポトスにガーデニング初心者でも簡単な肥料を与える

肥料の画像

量的にちょうど良さそうなので、口切りいっぱい入れてみました。
ちょうど15グラムです。

ひと株60グラムだと8カ所ですが、手元にあるのが2個です。

水差しキャップの画像

数が足らないので、同じシリーズの水差しキャップ用を買ってみました。
長いストロー部分をカットします。

水差しキャップの画像

意外と固いので、ハサミでひとまわり深めにあとをつけます。
それをタオルでくるんで、ポキッと折ります。

水差しキャップの画像

できました。

きゅうりの肥料の画像

こちらは10グラム入ります。
追肥を10グラムずつ与えるプランター栽培にいいかもしれません。

意外と大変でしたので、もっと楽な物がないか探しました。

シリコンカップの画像
シリコンおかずカップ 5号 8個入り

お弁当用のシリコンカップです。
100均に売っていた一番小さいサイズです。

シリコンカップの画像

裏を十文字にカットします。

肥料の画像

こちらで20グラムです。
3つですみます。

花壇の画像

土に割り箸などで穴をあけます。

画像の画像

肥料を入れたハスロとシリコンカップを差し込みます。
根っこから離して与えるそうです。

花壇の画像

これに水をかけて肥料を染み込ませます。

若干少なめですが、とりあえず2週間~20日ほど様子を見てみます。
マルチングに敷いている、瓦チップをどかさずに済みますので便利です。

肥料が切れると、きゅうりが曲がるそうです。
これは水切れでもなるそうですが、小さい雌花ができた段階で、もう曲がっているそうです

ページ上↑

ページ下↓

9- 水やり重要!

きゅうりはほとんどが水分から出来ています。
つまり水切れさせない事が重要です。

水不足になると、つるが『らせん状』になってくるそうです。
きゅうりの実も曲がります。

地植えの場合、マメに水をあげるより、2~3日おきにまとめてあげる方がいいらしいです。

でも我が家のスーパーきゅうりは、1日水やりをしないと、葉がカラッと痩せて元気がなくなる気がします。

今回は7月末に植え付けた『秋取りのきゅうり』ですので、ここ数日少しおさまったとはいえ連日の猛暑です。

日当たりもいい場所ですし、畑のように植え付けの場所も広く取れませんので、水やりは毎日、朝晩しています。

真夏は朝から暑いので、午前7時までに水やりをします。
1回につき6リットルのジョーロで、2株分を与えています。

きゅうりの画像

きゅうりの実は夜に大きくなるそうなので、仕事から帰った夜に、日中の熱を冷ますのを兼ねて、朝よりは控えめにさっと水やりをしています。

シャクナゲは根が浅いので、マルチングする

きゅうりは根が浅いそうなので、シャクナゲの時に学んだようにマルチングを瓦チップでしました。

初心者なのであっているかどうかは分かりませんが、しばらくこのまま続けてみます。

ページ上↑

ページ下↓

10- ウリハムシとアブラムシ

きゅうりの画像

きゅうりの葉が何かに食べられています。
よく見ると小さな黒いフンもあります。

ウリハムシの画像

茶色の昆虫がいました。

ここにもいます。

『ウリハムシ』といって、親はきゅうりの葉っぱを、幼虫はきゅうりの根っこを食べるそうです。
きゅうりの実も食べるとか!

朝一で水をあげに行くと、もうすでに2~3匹くらいがお食事中です。

ハチのように逆襲はしてこないので、見つけたら捕殺するとの事ですが、すぐ飛んで逃げて、すばしっこいです。

色々試したのですが、朝一の出会った直後が一番油断しています。
ジョーロを持つ前に、粘着テープを持って近づく事にしました。

ウリハムシの画像

粘着テープで捕獲しました。
こちらは背中が黒い種類のウリハムシです。

ウリハムシの画像

今日だけで合計4匹です。

アブラムシも発生してましたので、同じく粘着テープでペタペタ取りました。

アブラムシの画像
閲覧注意!

アブラムシかひどい葉は取りました。
葉裏の右下にアブラムシがたくさんいます。

バラ栽培の時に学びましたが、アリが葉裏にアブラムシを運んで養殖するそうです。

バラの画像

→バラのアブラムシ退治『初心者』が出来るだけ無農薬でがんばりました

アリはアブラムシのお尻から出る甘い汁を好むそうです。

蟻とアブラムシの画像

アリがいたら、アブラムシもいる事が多いです。

ページ上↑

ページ下↓

11- 収穫

きゅうりの画像

スーパーきゅうりを収穫します。
摘芯と違って指先ではできませんので、熱湯消毒したハサミを使います。

きゅうりの画像

苗を植え付けてから23日め、我が家のきゅうりの初物です。

18センチはお店に売っている大きさよりも小さめですね。

サラダの画像

ぬか漬けも好きなのですが、せっかくですので生のままサラダにしました。
ほんのり甘みもあり、とてもおいしいです!

アブラムシなどは発生しましたが、目立った病気もありませんでした。
『スーパーきゅうり』は初心者にはいいと思います。

黄色いバケツの画像

→100均の黄色の粘着シートVS黄色のバケツ【害虫】トラップ(罠)

 

ミニトマトも育てました(*^_^*)

トマトの画像

ミニトマトがつるボケしちゃった!【プランター】家庭菜園3本仕立て

 

キュウリをプランターでそだててみました。

キュウリの画像

100均の大きいサイズ【プランター】でキュウリの家庭菜園栽培記録

ページ上↑

ページ下↓

今回使用した道具

  • きゅうりの肥料→ホームセンター
  • ペットボトル用ハスロ&水差しキャップ→100均
  • シリコンカップ→100均
  • 計量器→通販
  • 粘着テープ→ホームセンター
  • 割り箸
  • ジョーロ
  • ハサミかカッター

ページ上↑

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です