100均の黄色の粘着シートVS黄色のバケツ【害虫】トラップ(罠)

Pocket

庭に植えた『スーパーきゅうり』の葉を、穴だらけにするウリハムシ。

アブラムシやコナジラミ、ウリハムシなど『昼行性の害虫』は、全般的に黄色が好きとの事なので『黄色のトラップ』を作ってみました。

目次

1- きゅうりの天敵

庭に『スーパーきゅうり』を植えました。

超初心者の初めての野菜作りですが、がんばって育ってくれています。

きゅうりの画像

でも葉っぱの食害がひどいです。

ウリハムシの画像

犯人のウリハムシです。

毎朝水やりの前に、粘着テープでコツコツ捕獲しています。

でも私は、日中は仕事に行ってしまうので、ウリハムシにとっては天国です。

何とかしたいと思い、色々調べてみました。

ページ上↑

ページ下↓

2- 害虫は黄色が好き

ウリハムシは黄色が好きな昆虫らしいです。

ウリハムシの画像

そういえば、きゅうりの黄色の花にも、よくとまっています。

きゅうりの雌花の画像

ウリハムシは花も食べてしまいます。

観葉植物の花も食べるそうです。
せっかく咲いた花が、何に食べられたか分からない場合は疑ってみるべきです。

放っておくと卵を産んで、根っこも食べられます。

きゅうりの画像

食害された葉っばです。

きゅうりの画像

その葉のフシについた、スーパーきゅうりの実(下)は、後からなった実(上)に比べても成長が遅れています。
食害の影響と思われます。

黄色のトラップを探す事にしました。

ページ上↑

ページ下↓

3- 100均の粘着シート

蝿捕り粘着シートの画像
ダイソー 強力 ハエ用 粘着シート

100均のハエ取り用の粘着シートです。

蝿捕り粘着シートの画像

中身はこんな感じで、穴のあいた粘着シートと、穴に通すタグファスナー、両面テープがセットで入っています。

蝿捕り粘着シートの画像

中は鮮やかな黄色です。

ページ上↑

ページ下↓

4- トラップ自作

この『ハエ取り紙』を使って、おしゃれなトラップを作ってみます。

蝿捕り粘着シートの画像

まず、紙をだいたい3等分にカットします。

蝿捕り粘着シートの画像

幅の3分の2に広めの切り込みを入れます。
幅はマスメがありますので、その半分くらいです。

カットしたら、粘着面を外側に折り曲げておきます。

蝿捕り粘着シートの画像

保護シートをはがします。

水差しキャップの画像

きゅうりの肥料に使用した、ペットボトル用水差しキャップの棒です。
余っていますので使用します。

きゅうりの画像

【スーパーきゅうり】が上に伸びない初心者にも分かる摘芯のやり方

これは割り箸でも、園芸支柱の小さい物でもいいと思います。

蝿捕り粘着シートの画像

ななめに巻きつけていきます。

蝿捕り粘着シートの画像

テープなどで、ぐるぐるとめます。

蝿捕り粘着シートの画像

粘着シートの花ができました。

ガーデンクリップの画像

作った粘着花を、きゅうりの園芸支柱にガーデンクリップでとめます。

ハエ取り用粘着シートの画像

ウリハムシの気持ちになって、飛んできて止まりやすい位置にしました。

きゅうりの画像

葉っぱが目立つ、中央あたりにいる事が多いです。

粘着シートの画像

結果は、、、
数日観察して、やっと一匹捕獲。

でもよく観察していると、粘着シートの上をゆっくり移動して、粘着シートの端の粘着が無い面までなんとか移動し、逃れて飛び立っていきました。

粘着シートの画像
細かい羽虫は捕獲

昆虫のサイズにもよるのでしょうが、こちらはハエ用。
ハエは薄羽が露出しているので捕獲可能だと思いますが、ウリハムシはカブトムシのように羽がつるっとしたカバーに格納されています。

細かい羽虫はたくさん捕獲できましたので、アブラムシなどには有効だと思います。

ページ上↑

ページ下↓

5- 地面にトラップ

ある程度の面積があれば大丈夫かもしれませんので、方法を変えてみます。

粘着シートの画像

粘着面を表面にして、半分に折り曲げます。

割り箸の画像

割り箸を使用します。

粘着シートの画像

割り箸を割らずに、粘着シートをはさみます。

粘着シートの画像

土部分にさしてみました。
この面積ではどうでしょう?

粘着シートの画像

2枚設置しました。

結果は、、、

粘着シートの画像

ウリハムシより巨大な蛾が貼り付いています。

粘着シートの画像

裏面にハエと、たくさんの小さな羽虫が捕獲されています。

粘着シートの画像
脇側に設置した粘着シート

場所はきゅうりの真下の方がよく取れました。

こちらもハエやアブラムシのように、薄羽がある虫には有効のようです。

ページ上↑

ページ下↓

6- 黄色のバケツ

黄色いバケツの画像

黄色のバケツを試してみます。
ネットでよく見かけるので気になっていました。

バケツに3分の1くらい水を入れます。
粘着シートの時もそうでしたが、あまりたくさん水を入れると、入り口まで登って逃げられる確率が高くなるような気がします。

それに乳酸飲料かお酢を大さじ数杯入れます。
ヨーグルトでもいいそうです。

ここに油を入れます。
油を入れる事によって、捕獲された昆虫が呼吸ができなくなるそうです。
油の代わりにキッチンの中性洗剤でも大丈夫です。

油と酢の画像

今回はキッチンにあった、食用油と米酢を入れてみます。

黄色いバケツの画像

粘着シートもきゅうりの脇よりも、真下の方が捕獲できていたので、同じような場所に置いてみます。

結果は、、、

黄色いバケツの画像

昆虫が数匹います。
何か細かい羽虫もいます。

数日後はけっこう数が増えていました。(あまりに不気味ですので画像は載せません)

ページ上↑

ページ下↓

7- 粘着シート追加

バケツは良さそうでしたが、粘着シートも改善して追加してみます。

粘着シートの画像

粘着シートに印刷されている、マスメの幅で切り込みを入れます。
前回の倍の幅です。

粘着シートの画像

穴が開いていない方に切り込みを入れます。
支柱につるす為の穴です。

粘着シートの画像

付属のタグファスナーでスーパーきゅうりの支柱に付けてみました。
ただの紙よりは見た目がいい気がします。

結果は、、、

粘着シートの画像

また蛾とハエと細かい羽虫が捕獲されていました。

今回は根気よく粘着テープで捕獲していましたので、黄色のバケツの中にウリハムシは確認できませんでした。
でも、うす羽を格納するウリハムシタイプの昆虫も捕獲できていましたので、黄色のバケツは有効のようです。

黄色のバケツも、黄色の粘着シートもそれぞれ一長一短ですので、両方設置すれば効果がありそうです。

できそうならば、朝一の水やり前の粘着テープでの捕獲がおすすめです。
ただし、気温の低い朝はウリハムシは少ないです。
たぶん、私が仕事に行ったあと、気温が上がってからいらっしゃるんでしょう。

ミニトマトの画像

→ミニトマトの青い実に虫食いの穴!害虫オオタバコガの幼虫駆除の方法

ページ上↑

ページ下↓

今回使用した道具

  • 黄色の粘着シート→100均強力ハエ用粘着シート
  • 割り箸や園芸支柱のような棒
  • 割り箸
  • 黄色のバケツ→100均
  • ガーデンクリップ→100均
  • 食酢(乳酸飲料やヨーグルトでも)
  • 食用油
  • セロテープ
  • ハサミ

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です