立体マスクの作り方★ぞうきんが縫えればできる!型紙は作れる!縫わない方法もある!

Pocket

『花粉症』の季節になってしまいました。
立体マスクを手作りしたいと思います。

ぞうきんが縫えればできます!
身近な材料でも作れます!
縫わなくてもできます!

まず『安全ピン』と、再利用の『シャツ』で作ってみます。

通勤に使える『本格的マスク』を目指します。

目次

1- 手作りマスクの材料

シャツの画像

今回はまず、古い『シャツ』の再利用で、マスクを作りたいと思います。

材料
◆シャツ
◆入れ替えゴム
◆安全ピン
◆園芸用ワイヤー紐
です。

ゴム紐の画像
ダイソー ライクラ ソフトゴム 10コール 7m

ゴムはマスク用があればいいですが、普通の入れ替えゴムでも何とかなります。
帽子用のゴムも使えます。

手は良く洗って、清潔にしてから作成します。

ページ上

ページ下

2- マスクの型紙は『自分で簡単に』作れる

マスクには色々なサイズがあります。
『大人用』や『子ども用』、ちょっと小さめの『女性用』などです。

マスクの『型紙』は、自分で簡単に作れます。
使っている『お気に入りのサイズ』のマスクで型を取ります。

まず『必要なサイズ』のマスクを用紙します。
使用済みで大丈夫ですが、消毒した物を使います。

マスクの画像

『厚紙』に半分に折ったマスクを、『プリーツ部分を広げて』置きます。

紙は厚紙ではなくても大丈夫ですが、厚紙で作っておくと早くできます。

マスクの画像

ペンで周りをなぞって、型を取ります。

マスクの型紙の画像

『鼻部分』のカーブの所から周りは、『プラス1センチ』の縫いしろを余分にとります。

マスクの型紙の画像

ゴムを付ける『耳』の部分を、『プラス2センチ分』伸ばしておきます。

マスクの型紙の画像

型紙ができました。
『子ども用』も『女性用』も簡単にできます。

マスクの型紙の画像

再利用の『シャツ』に、『型紙』を乗せます。
線を引いて『6枚』切り出します。

ページ上

ページ下

3- 安全ピンで止める

不織布の画像

切り出した布を、『4枚』と『2枚』に分けてかさねます。

マスクの画像

鼻部分のカーブを『安全ピン』で止めます。

マスクの画像

その時に、両端は1センチほど空けておきます。

安全ピンの画像

安全ピンは縫うように止めます。

マスクの画像

大きめの安全ピンでも可能です。
大きめの方が、止めるのは楽です。

マスクの画像

4枚と2枚、それぞれを止めました。

マスクの画像

次に『安全ピンで無い方』を内側にして、上下を止めます。

マスクの画像

耳部分は止めません。

マスクの画像

上と下を同じように止めます。

ページ上

ページ下

4- ノーズワイヤーを付ける

無くても大丈夫ですが、ノーズワイヤーをつけてみます。

ビニールひもの画像
ダイソー 園芸用ワイヤー入りビニールひも

園芸用のワイヤー紐です。
つる性の植物を、園芸支柱に止める物です。

マスクの画像

ワイヤーを安全ピンに絡ませます。

ワイヤーの画像
互い違いにすると取れません。

次に、横側の袋部分から『裏返し』ます。

マスクの画像

3枚重ねてあるので、安全ピンが無い部分を表側に出します。
形をととのえます。

ページ上

ページ下

5- 耳のゴムを取り付ける

マスクの画像

耳のゴムは、形を取ったマスクと同じ長さ+縫いしろにします。
縫いしろは、それぞれ2センチ程度です。

私はゆるめに25センチ(ぬいしろ込み)にしました。

マスクの画像

耳部分を2回折り返して、ゴム紐をはさんで安全ピンで止めます。

マスクの画像

折り返す幅は、1センチずつです。

マスクの画像

マスクかできました。

ちなみにゴム紐を30センチで切って、結ぶ方法も簡単です。

マスクの画像

結んだゴム紐をはさんで、同じく2回折り返します。

マスクの画像

安全ピンで一度止めれば出来あがりです。

バイヤステープの画像
ダイソー バイヤステープ

金属アレルギーなどで安全ピンが顔にふれるとダメな場合は、上からバイヤステープを付ける方法もあります。
使い捨てでしたら、両面テープで貼るだけで大丈夫です。

ページ上

ページ下

6- 安全ピン以外の方法

私は安全ピンよりも、『なみぬい』をした方が早かったです。

ザクザクと『ぞうきん』のように縫います。
きれいに縫えなくても大丈夫です。

マスクの画像

その場合、中央から外側に縫うと、ずれにくいです。

ワイヤーの画像

ノーズワイヤーは、表側に裏返す前に付けます。
鼻部分の縫い目にはさんで、外側を軽く止めます。

マスクの画像

中心と左右の『3カ所』程度を止めます。

ちなみに『ホチキス』でも作ってみました。

ホチキスの画像

ホチキスで止める場合は、布だけでは止まりません。
布がやわらかいので、『くにゃ』っとして失敗します。

下に一枚、コピー用紙程度の紙をはさんで止めます。
紙は後で破って取り外します。

これは薄い布に『刺しゅう』をする時の方法です。

グルーガンの画像
ダイソー グルーガン

ピンが危ない場合は、『グルーガン』や『布用の接着剤』が100均にあります。

使い捨てでしたら、普通のポンドも使用できます。

ページ上

ページ下

7- アイロンで殺菌する

マスクは使用する前に、殺菌します。

アイロンの画像

表と裏をアイロンの『高温』で、一カ所に1分ほど熱をよく通します。

次亜塩素酸水の画像
次亜塩素酸水 ピキャットクリア

アルコールや次亜塩素酸水などの消毒薬に、『しばらく漬け置き』しても殺菌できます。
私はジップ袋に入れて、中に消毒薬をたっぷり入れ、30分位漬けています。

ページ上

ページ下

8- 色々な素材で作る

ゴム紐などの材料がどうしても無い場合、使用済みマスクの一部も使えます。

マスクの画像

耳のゴムを切り取ります。

ゴム紐の画像
ノーズワイヤーも使えます。

ゴム紐の画像

ただしこの方法は、ある程度の『消毒スキル』が必要です。

消毒液の再利用をしない、漬け込む時間、濃度など、てきとうは危険です。

説明書の画像

消毒液(たとえばキッチンハイターなど)には、裏に説明書があります。
良く読んで消毒します。

ちなみにこのマスクゴムは、不織布のマスクに付けてみました。

マスクの型紙の画像

お洋服やさんなどで服を入れてくれる、不織布の袋です。

不織布の画像

折りたたんだまま、安全ピンやまちばりで止めて、形を抜きます。

不織布の画像

一度にたくさんできました。

マスクの画像

多少。張りのある素材が作りやすいようです。
不織布は熱に弱いので、消毒薬に漬け込みました。

マスクの画像

通勤にも使えそうです。

生地は他にも、色々使用できる物があります。
◆ハンカチ
◆タオル
◆シーツ
◆ガーゼ
などなど。。。

マスクの画像

色々な素材で作ってみました。

慣れるとわりと簡単です(*^_^*)

ページ上

ページ下

今回使用した道具
    • 入れ替えゴム→100均
    • バイヤステープ→100均
    • 園芸用ワイヤー入りビニールひも→100均
    • 安全ピン→100均
    • ジップ袋→100均
    • 消毒薬→通販
    • シャツ→再利用
    • 型紙に使うマスク→再利用
    • 不織布の袋→再利用
    • バンダナ→再利用
    • 端切れ
    • 厚紙
    • ペン
    • 定規
    • ハサミ
    • アイロン
    • まちばり
    • ホチキス
    • コピー用紙

ページ上

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です