初心者も育てやすい【スーパーきゅうり】取りたてのキュウリが食べたい!

Pocket

『緑のカーテン』用の『つる性植物』を捜していたら、『スーパーきゅうり』というネーミングのきゅうり苗に出会いました。

つるが出ていたので目に付いたのですが、ネーミングにつられて思わず買ってしまいました。

目次

1- 病気に強いきゅうりの苗

スーパーキュウリの画像

『スーパーきゅうり』の苗です。
葉っぱが少し蓮っぽいです。

キュウリの画像

デルモンテが出している品種で、CMV(モザイクウィルス)の予防接種苗で病気に強い、初心者向きキュウリだそうです。

野菜を育てた事などないのですが、スーパーと言うからには私にも出来そうな気がします。
取りたてはきっとおいしいですよね。

【追記】→きゅうりの苗は大きい方がいいと思って選びましたが、双葉が残っていて、本葉が3~4枚で濃い緑、茎が太くてしっかりした物がいいです。

ページ上↑

ページ下↓

2- 省スペースのつる支柱を立てる

『つる性植物』とは言っても、『緑のカーテン』にするほど育ってしまうと、上の方のキュウリの収穫ができません。

本来の目的から、かなり逸脱してしまいました。
仕方がないので別の場所を作ります。

 

つる用の園芸支柱は、左右から『山型』に立てるのが普通だと思います。
しかし庭にそれを作ってしまうと、かなり場所を取ります。

省スペースにする為に、園芸支柱を立てる土台を作る事にしました。

ブロックの画像

ブロックを並べてみます。
この辺りでしょうか。

ブロックの画像

土を掘って、半分以上埋めます。
下に石などがあると、あとで支柱がささりませんので取り除きます。

ブロックの画像

土台ができました。

園芸支柱の画像

100均の園芸支柱です。
人の背丈くらいの長さまでが、収穫する時に手がとどきます。

園芸支柱の画像

支柱をブロック穴に均一にさして、倒れないように土にもしっかりさし込みます。

園芸支柱の画像

できました。

園芸支柱の画像

次に少し細い支柱で、斜めにクロスさせた支柱を作ります。

互い違いにクロスさせて、安定させます。

 

結束バンドの画像

固定は屋外用の結束バンドでとめました。

園芸支柱の画像

固定したら、結束バンドの余分な部分はカットします。

園芸支柱の画像

同じように上部分にも、ななめの支柱を増やします。

園芸支柱の画像

同じく結束バンドでとめれば完成です。

ページ上↑

ページ下↓

3- 野菜用の土に入れ替える

ブロックの手前を深く掘って、苗を植える場所を作ります。

 

野菜用の土の画像

ホームセンターで、野菜用の土を購入しました。

野菜用の土の画像

掘った場所はやや粘土質の土でしたので、深めに土を入れ替えました。

キュウリの画像

スーパーきゅうりの苗を、間隔をあけて植え付けました。
苗と苗の間は40~50センチあけます。

きゅうりの根っこは浅く広く張るので、場所があれば広い方がいいです。

植え付けの際は、根を崩さないようにそっと植えます。

ガーデンクリップの画像
ダイソー ガーデンクリップ

キュウリの茎を、ガーデンクリップでとめます。

キュウリの画像

専用の物なので、茎が痛みません。

ページ上↑

ページ下↓

4- 瓦チップでウォータースペースを作る

『ウォータースペース』を作ります。
水やりの水が脇に流れてしまうのを防ぎ、水やりを効果的にする事ができます

瓦チップの画像

瓦のリサイクル品、瓦チップを使用します。

瓦チップの画像

廃棄がしやすいよう空き容器などに、瓦チップとセメントを入れます。

セメントの画像
ダイソー 仕上げセメント

100均のセメントです。

セメントの画像

割り箸でかき混ぜます。

いっぺんに作ろうと思うとうまくいきません。
瓦チップを3分の1位入れて、セメントを入れ、水を少しずつ加えながらよく混ぜます。

セメントは水を入れすぎないようにし、ソフトクリーム位の柔らかさです。

セメントの画像

花壇のまわりを囲むように、隙間が空かないように置くように設置します。

花壇の画像

反対側にも設置し、完成しました。

 

ページ上↑

ページ下↓

5- 瓦チップでマルチングをする

瓦チップをキュウリの株元に敷いて、マルチングをしたいと思います。

キュウリが育つ温度は18~25度位です。
ちょうど暑くも寒くも無い快適温度です。

 

瓦チップは保水性と吸水性があるので、根っこが浅い植物にもいいのではないでしょうか?

最近の夏はずっと25度どころか40度近い猛暑なので、涼しい時間帯に水やりをすれば、土の温度のコントロールができるかもしれません。
取りあえず、株元の土の跳ね返りは防げそうなので試してみます。

園芸支柱の画像

瓦チップをキュウリの株元に敷きました。

 

植物の株元を何かでカバーして、土の病原菌が雨などの跳ね返りで葉っぱにつくのを防ぐ事を『マルチング』と言います。

キュウリの画像

完成しました。
一番左の苗が、この猛暑で枯れそうなので心配です。

ページ上↑

ページ下↓

きゅうりの画像

→【スーパーきゅうり】が上に伸びない初心者にも分かる摘芯のやり方

今回使用した道具

  • デルモンテ『スーパーきゅうり』の苗→(3本、ホームセンター)
  • 野菜用の土→(ホームセンター)
  • ガーデンクリップ→(100均)
  • ブロック→(家にあった物)
  • 園芸支柱(身長位の長さ3本、やや短め4本)→(100均)
  • 結束バンド→(屋外用、通販)
  • 瓦チップ→(ホームセンター、もっと大袋もありましたが、持てませんでしたのでこのサイズです)
  • セメント→(100均)
  • ヨーグルトの空き容器
  • 割り箸
  • ゴム手袋
  • ハサミ
  • シャベル
  • スコップ
  • ジョーロ

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です