種まきのセルトレイを置く場所がない100均ワイヤーネットでDIY

Pocket

『花がいっぱい』の庭にしたくて、『種まき』をたくさんしました。

しかし春先の屋外の種まきは、『発芽温度』がまだ足らない事が多いです。
でも室内に苗床を置くと、けっこう場所をとります。

広い場所が無いので、100均の『ワイヤーネット』で苗床(なえどこ)を自作しました。
たてに重ねて『マンション風』にDIYです。

目次

1- 『種まき』の置き場所が無い!

『花がいっぱい』の庭にしたいです。
苗をたくさん購入すると、それなりのお値段になってしまいます。

安価でたくさんの花が楽しめる、『種まき』をしてみました。

まず『卵パック』から始めました。
でもホームセンターで『セルトレイ』という『種まき用の専用容器』を見かけました。

その『セルトレイ』が意外とお安かったので、購入してみました。

プラグトレーの画像

種まき専用の『セルトレイ』です。

とても便利なのですが、このセルトレイは『60センチ近い長さ』があります。

狭い『我が家の室内』には大きすぎます。
さらにセルトレイの底の穴から土も落ちて、掃除が大変でした。

セルトレイを『コンパクト』にしたいです。
土が落ちないように、下にトレーも欲しいです。

卵パックも手軽な『エコ』廃材で、フタをする事で『温室風な環境』を作れるので便利でした。
大きな種でしたら、卵パックも使いたいです。

・気軽なトレー
・置き場所に困らないサイズ
・温室もどき
・卵パックもたまに使える

そんな便利な物が欲しいです。

ページ上↑

ページ下↓

2- 100均の靴ボックスで保温

まず、下に土が落ちないように『トレー』を探しました。
ついでに『温室風な環境』も作れるとベストです。

シューズボックスの画像
ダイソーのシューズボックス

100均の『シューズボックス』です。
高さが10センチほどで大きすぎず、ほど良いサイズです。

チャイブの画像

土も落ちませんし、種まきから植え替えるまでの『10センチほどの高さ』まで育てられます。
移動も楽そうです。

フタを軽くのせれば(閉めると蒸れてしまいます)簡易温室になります。
水をはって下から『底面給水』させる、腰水もできそうです。

ページ上↑

ページ下↓

3- 100均のワイヤーネットでDIY

狭い室内に置く為に、シューズボックスを『省スペース』で設置したいです。
さらに手軽に移動もできるとベストです。

ワイヤーネットの画像

100均の『ワイヤーネット』で自作する事にしました。

ワイヤーネットの画像

バスタオルなどを挟み、テーブルや階段の段差などを利用して、ワイヤーネットを折り曲げます。
横幅は『シューズボックスが入るサイズ』です。

ワイヤーネットの画像

ざっと曲げてから、バスタオルを挟んで『ペンチ』でしっかり曲げます。

ワイヤーネットの画像

コの字型になりました。
これを3つ作ります。

ワイヤーネットの画像

上下に重ねて『結束バンド』で止めていきます。

ワイヤーネットの画像

最初の2つは同じ向きに固定します。

ワイヤーネットの画像

その上に『フタをかぶせるように』、逆向きに固定します。

ワイヤーネットの画像

結束バンドは引っかからないように、ニッパーやカッターで『根元まで』しっかりカットします。

ワイヤーネットの画像

何カ所か固定しました。
ここにシューズボックスを入れてみます。

ワイヤーネットの画像

でき上がりました。
一番上段にもシューズボックスが乗せられます。

コンパクトになり、移動も楽になりました。

注意点
この苗床は『発芽用』です。
種まきの注意点として、芽が出たら『ただちに』『日当たり』と『風通しの良い』場所に移動させる必要があります。

私はたいていは、すぐ『日当たりのいい屋外』に出しています。

その場合、『フタをずらして軽くかぶせたまま』だんだん外気になれされていきます。

発芽したら徒長の原因になるので『受け皿の水』は捨てます。

『発芽前』と『発芽後』では、管理方法が違います。

ページ上↑

ページ下↓

新芽の画像

→種まき初心者【間引きのやり方】間隔は?水やりの時間帯は?用土は?

今回使用した道具
  • セルトレイ:ホームセンター
  • シューズボックス:100均
  • ワイヤーネット:100均
  • 結束バンド:100均
  • バスタオル
  • ペンチ
  • ハサミ
  • カッター

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です