初めてでも簡単【100均のモザイクタイル】で素焼き植木鉢をリメイク

Pocket

100均の3個セットの素焼き植木鉢。
手のひらサイズで多肉植物やサボテンの植え替えにちょうどいいです。

100均のモザイクタイルでリメイクしてみました。

目次

  1. 素焼き植木鉢
  2. モザイクタイル
  3. 仮止め
  4. タイル用セメント
  5. 完成!
  6. 今回使用した道具

1- 素焼き植木鉢

植木鉢の画像
ダイソーのミニ素焼き植木鉢の3個セット

100均の素焼きの植木鉢です。
直径が約8センチで、高さが7センチ位のミニサイズです。

植木鉢の画像

このままだと味気ないので、同じく100均のモザイクタイルでリメイクしてみます。

ページ上↑

ページ下↓

2- モザイクタイル

モザイクタイルの画像
ダイソーのガラスタイル

同じく100均のガラスタイルです。

2色入りの物を3種類、観葉植物のグリーンに合わせて緑色を多めに、全部で5個用意しました。
→配色に自信がない場合は、1種類の色からはじめると失敗しづらいと思います。

ページ上↑

ページ下↓

3- 仮止め

植木鉢の画像

フチの部分から仮止めしていきます。

接着剤の画像
ダイソーの接着剤

陶器とガラス対応の接着剤です。

植木鉢の画像

接着剤の量は少なめにします。
こんな感じで少しつければOKです。

瞬間接着剤ですので、30秒ほど押さえていると、すぐに動かなくなります。

植木鉢の画像

ひとまわりできました。

植木鉢の画像

続いて下部分も貼ります。
はじめにテーブルの上で色の配列を並べておくと迷いません。

植木鉢の画像

できました。

植木鉢の画像

慣れてきましたので、次は斜めにつけてみます。

植木鉢の画像

下部分はカラフルにして2個めができました。

植木鉢の画像

同じく3個めの仮止めができました。

ページ上↑

ページ下↓

4- タイル用セメント
セメントの画像
ダイソーのタイル補修用セメント白

100均のタイル補修用のセメントです。グレーもありますが、白をセレクトしました。
1袋の3分の1くらい使用しました。

植木鉢の画像

水でといて植木鉢に塗り込んでいきます。

何でもいいと思いますが、私はお豆腐の空き容器とアイスの木の棒を再利用しました。
使用後に燃えないゴミで廃棄が簡単です。

セメントの画像

少しずつ水を入れて練ります。
やわらかくなって少し溶けかけのアイス程度の練り具合です。

植木鉢の画像

すぐに固まるので、ヘラなどで手早く、隙間を中心に全体に塗り込んでいきます。
固まってきてしまっても、すぐでしたら水を足せば大丈夫です。

植木鉢のフチの内側部分も、白くなるように少しセメントで塗っておきます。

植木鉢の画像

お天気にもよりますが、10分くらいするとだいたい乾くので、ヘラなどで表面の余分なセメントをかき落とします。

植木鉢の画像

次に、ヘラで落とし切らなかった余分なセメントを、手袋をしたまま指でこすって落とします。
デコボコしている部分も修正しておきます。
そのまま一晩乾かします。

ページ上↑

ページ下↓

5- 完成!

乾燥させた植木鉢の表面の、タイルに少し残った汚れをキッチンペーパーでこすり落とします。

植木鉢の画像

裏側はタイルの幅が少し余ってしまって間隔が広めです。
でこぼこしている場所もありますが、それなりに何とかなりました。

植木鉢の画像

さらに1日程度乾燥させて完成です!

 

モザイク植木鉢はこの棚に置きました

棚の画像

→賃貸デッドスペースDIY→壁掛けテレビ&壁面収納&家具うら目隠し

 

駐車場を増設しました!

土の庭をDIYで人工芝を敷いて駐車場にしたビフォー&アフターの画像

雑草対策DIY駐車場を【100均のリアル人工芝】でグランドカバー

ページ上↑

ページ下↓

6今回使用した道具

  • 素焼きの植木鉢(100均・3個セット)
  • モザイクタイル(100均・5セットで少し余りました)
  • 接着剤(100均)
  • タイル用セメント白(100均・3分の1くらい使用)
  • 養生用の敷物(アマゾンの緩衝材の紙・最近、新聞紙が無いもので、とっておくと便利です)
  • キッチンペーパー
  • お豆腐の空き容器(乾きやすいのでヨーグルトの容器など深い物がおすすめ)
  • アイスの棒(割っていない割りばしの太い方でもいいと思います)
  • 使い捨て手袋

ページ上↑

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です