雑草対策グランドカバー【クラピアK7】人工芝生の代わりに植えてみた

Pocket

雑草対策でグランドカバーになる、スーパーイワダレソウ『クラピア』

耐寒性、耐病性ともにアップしたという、新品種『クラピアK7』を購入してみました。

一株を購入し増やす計画です。

目次

1- 雑草対策で人工芝

雑草対策で、庭の駐車場に人工芝を敷きました。

駐車場の画像
→雑草対策DIY駐車場を【100均のリアル人工芝】でグランドカバー

人工芝にして良かったと思っています。
お手入れは人工芝の継ぎ目から、たまに生えてくる雑草を抜く程度でとても楽です。

ただ、花壇の中は雑草が生えます。
花壇とのさかいめや、複雑な石と石の間なども雑草が生えます。

ここにはグランドカバーの植物の方が向いているような気がします。

ページ上↑

ページ下↓

2- グランドカバー

『グランドカバー』とは『雑草防止』や『泥はね防止』『土の流出防止』さらに『美観も良くする』ために植物を植える事です。

色々あるグランドカバーの植物を探している時に出会った、スーパーイワダレソウ『クラピア』

クラピアの改良種K7を、ネット通販で購入してみる事にしました。

クラピアは今のところ、ネット通販が主な販売場所です。
ホームセンターなどでは取り扱っていません。

クラピア グランドカバー
スーパーイワダレソウ『クラピア』K7

届いたスーパーイワダレソウ『クラピアK7』です。
手のひらに乗る位のサイズです。

一株を購入し、増やしてみたいと思います。

クラピアが届いたら、まず明るい日影に置いて、水やりをたっぷりします。

クラピア
スーパーイワダレソウ クラピアK7

ひとつ、小さな花が咲いていました。

クラピアK7は『クラピアS1』という国内在来種を交配した、白い花で成長の早いクラピアを、さらに改良した品種です。

葉っぱの色が濃く、耐寒性と耐病性が向上しているそうです。
また花の背丈が低く、花の数そのものも少ない種類です。

花が多いと、ハチなどもたくさんやってきますので注意が必要です。
目的がグランドカバーですので、花数が少ないと茶色くなる『花がら摘み』の手間も少なくて助かります。

ページ上↑

ページ下↓

3- クラピアの種類

K7以前のクラピアも、それぞれ別の魅力があります。

クラピアの画像

◆S1
成長が早い
花は白

◆S2
花が多い
紫系ピンクの花→花も楽しみたい人向き

◆K5
耐寒性と耐病性がある
花が少ない
薄いピンクの花

◆K7
S1の改良種→S1より草丈がやや高い
花が少ない
花の背丈が低い
耐寒性はK5と同じ位
耐病性が向上
白い花

Kシリーズができた事で、今後Sシリーズは販売しないそうです。

クラピアの画像

K7は草丈がやや高い種類です。
つまり日陰を作るので、雑草抑制効果が高まっています。

ページ上↑

ページ下↓

4- 植える時期

購入したクラピアを増やします。
春から秋の暖かい時期が成長期です。

成長が止まる寒い季節は、根を張る時間が無いので枯れる危険性があります。

つまり『暖かくなった春』が一番おすすめです。

まずプランターで増やしてから、定植する事にします。

いきなり植えてもいいのですが、定植場所が合わずに枯れてしまうリスクを回避する事にしました。

植木鉢の画像

用意したプランターに、鉢底石を入れます。

鉢底石の画像

100均で手に入ります。

植木鉢の画像

次に草花用の土を入れます。

土の画像

ホームセンターで購入した普通の培養土です。

ハイポネックス マグァンプK 中粒の画像
ハイポネックス マグァンプK

元肥として、緩行性肥料を混ぜ込みました。

水やりの水に溶けて、ゆっくり効果が表れる肥料を『緩行性肥料(かんこうせいひりょう)』
植え付けの時に、最初に土に混ぜる肥料を『元肥(もとひ)』と言います。

グラビアの画像

ポットを逆さまにして『クラピア』を取り出します。
きれいな根がびっしり張っています。

グラビアの画像

クラピアをプランターの中央に植え付けました。

根が土に密着するように、上からしっかり押さえます。

プランターの底から『水が出るくらい、たっぷり』水やりをします。

クラピアの画像

プランターへの植え付けから20日経過しました。
春ですが寒の戻りで寒い日も多かったです。

それでもほぼ2倍ほどに広がっています。

クラピアの画像

植え付けから25日経過した状態です。
ランナーが伸びて、プランターの外に飛び出そうとしています。

クラピアの画像

プランターに植えてから1ヶ月が経過ました。

クラピアの画像

ぐんぐん育っています。

ページ上↑

ページ下↓

5- 地面への植え方

クラピアの画像

クラピアを植えてから45 日たちました。

クラピアの画像

プランターからはみ出て、モリモリ成長しています。
クラピアを庭に地植えしていきたいと思います

最初に植え付ける場所は、クラピアが好む日なたを選びます。

クラピアを植えたい場所です。
石が入り組んでいて、人工芝の継ぎ目が目立ちます。

庭の画像

人工芝をはがしました。
土を深さ15センチくらい掘り起こして柔らかくし、その際に出てきた雑草の根も、ていねいに取り除きます。

初めに雑草の根を取り除いておかないと、クラピアが地表を覆うまでの『草むしりが大変』です。

粘土質など水はけの悪い土の場合は、土壌改良をしてから植えます。
土質は悪くないと思いますが、念のために腐葉土を少し混ぜ込みました。

ハイポネックス マグァンプK 中粒の画像
ハイポネックス マグァンプK

掘り返した土に肥料も入れました。

肥料は控えめに混ぜます。
少なければ後から追肥ができますが、多すぎると撤去が困難だからです

肥料が多すぎると害虫が寄って来やすくなります。

一度掘り起こした土を、いったん踏みつけて平らにならします。
平らにしておかないと、地面がでこぼこしてしまいます。

そこに根が張ったプランターの土ごと、クラピアを整地した中央に植え付けます。

庭の画像

ここはロックガーデン風の花壇を作る予定です。

とりあえず積んだり、並べたりしている石は撤去しません。
雑草が生えてしまうからです。

クラピアの成長に合わせて、だんだんと取り除いていく予定です。

敷石の反対側にも植え付けます。

まばらで隙間から土が見えています。
クラピアがきれいに繁殖してくれると助かります。

ページ上↑

ページ下↓

6- 株分けの方法

クラピアの画像

庭に定植したクラピアは、プランターに三分の一ほど残しました。

クラピアは『ほふく性』でしっかり根付いています。

株分けする時は『土の中までハサミを入れて』根までカットします。
株がある程度の量まで育っていれば、枯れてしまわないので問題ありません。

プランターの脇のすき間に土と肥料を新しく入れて、残したクラピアをまた育てます。

クラピアの画像

はみ出ていたランナーを、プランターに収めました。
プランターと庭植え、両方を育てていきます。

クラピアの画像

定植から10日後です。
写真では分かりにくいですが、まばらだったすき間部分が無くなっています。

クラピアは踏みつけないと草丈が立ち上がりますが、生えそろうまではあまり踏まないようにしました。

ページ上↑

ページ下↓

7- 水やりの仕方

庭のクラピアも最初の2週間は、毎日水やりをします。
庭側はしっかり根付いてしまえば、基本的に水やりは必要ありません。

プランター側は毎朝水やりをします。

クラピアの画像

定植してから1カ月がたちました。
成長したので、敷石の手間側の人工芝を1枚はがしてあります。

クラピアの画像

花壇側の石にもはい上がり始めました。
ナチュラルでとてもステキな雰囲気です。

クラピアの画像

定植から2ヶ月です。
モリモリに育ちました。

クラピアの画像

石の上にも伸びて、表面を塞ぎかかっています。
敷石の上は少しカットしました。

クラピアの画像

非常に密に育っています。

クラピアの画像

一方、残したプランター側のクラピアも、ランナーが外まで這い出ています。
量が増えて枯れる心配がなくなりましたので、プランターのクラピアもすべて定植したいと思います。

クラピアの画像

クラピアがはい上がりかけている、花壇側に定植します。

クラピアの画像

プランターのクラピアも、すべて定植しました。

その後の様子です。

クラピアの画像

定植してから3カ月です。
石と石のすきまにもしっかり茂っています。

クラピアの画像

花壇側も面積を、日々広げています。

クラピアの画像

こちらは手前側の人工芝を取っていない方の花壇側です。
人工芝の上をはって、花壇まで侵入しはじめました。

ここに至るまで、特に病気らしいトラブルはありませんでした。
かなり丈夫なようです。

ページ上↑

ページ下↓

8- 車を駐車して大丈夫?

駐車場の画像

この場所は車を駐車しています。
車の重量は相当なものなので、車輪が乗る場所は敷石をしています。

日光を好む植物ですので、車を駐車する際に日陰になる中心部分は、人工芝のままの予定です。

日中に車が無くて、日光があたるのでしたらいいのですが、お買い物カーですので駐車してある事が多いです。

ページ上↑

ページ下↓

9- お手入れ

クラピアは種ができません。
意図しない場所に種が飛んで、ご近所にご迷惑をかける事がありません。

クラピアの画像

しかしランナーはよく伸ばします。
特に成長期の暖かい時期は、定期的なカットが必要です。

このはい上がるランナーが、とてもオシャレで好きです。

ページ上↑

ページ下↓

10- デメリット

個人的にはかなり気に入ったクラピアですが、デメリットもあります。

◆日かげに弱い
日当たりが悪い場所だと密集しません。

◆草むしりは少し必要
まったく雑草が生えない訳ではありません。

◆ランナーが伸びるので時々カットが必要
石の上も侵略してきます。

◆冬は少し枯れぎみ
我が家は関東の暖地です。
冬越しはまだです→冬の様子もご報告したいと思っています。

◆たまに踏んであげないといけない
クラピアは立ち上がります。
程よく踏みつけた方が、密に広がってきれいです。

きれいに保つには、まったくお手入れ無しではありません。

  • 緑は無くてもいい
  • 草むしりはできない
  • 庭が日陰

などの場合は、人工芝や防草シート+砂利や瓦チップもおすすめです。

ページ上↑

ページ下↓

今回使用した道具
  • スーパーイワダレソウ『クラピアK7』: ネット通販
  • プランター: 再利用
  • 鉢底石: 100均
  • 花用培養土: ホームセンター
  • 腐葉土: ホームセンター
  • マグァンプK: ネット通販
  • ゴム手袋: 100均
  • シャベル
  • ハサミ
  • ジョーロ

ページ上↑

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です