物置がオシャレじゃない!100均の支柱でアイアン風トレリスDIY

Pocket

賃貸の庭に、気軽に緑が楽しめる『コンテナガーデン』をDIYで作りました。

しかし目立つ場所に、スチール製の大きな『物置』が異質なイメージを放っています。

100均の園芸支柱で『アイアン風の目隠し』を自作しました。

目次

1- スチール製の物置を隠したい

賃貸の庭をDIYしました。
植木鉢を交換するだけの、管理が簡単な『コンテナガーデン』です。

庭の画像

庭の画像

落ち着く空間に仕上がったと思うのですが、正面に目立つ『スチール製の物置』があります。

庭の画像

木製やナチュラルカラーの物置とは違って、『異質さ』が目立ちます。

しかしこの物置は『大家さんの物置』で、移動や塗り直しなどの、大掛かりなDIYができません。

使用する事は無いので、扉の前にガーデン用のイスや、園芸ラックを置いてあります。

この無機質なスチール製の扉と壁を、何とか目立たないように『カバー』したいと思います。

ページ上↑

ページ下↓

2- 園芸支柱でトレリスDIY

園芸支柱の画像
ダイソー 園芸支柱210センチ

100均の園芸支柱です。
この支柱を使って、物置の前に『トレリス風の柵』を作ります。

庭の画像

『ガーデンチェア』と『園芸ラック』は、手前側に移動しました。

この園芸ラックは『シーズンオフの植木鉢』たちの置き場所です。
見えない方がいいので、イスの裏側に隠しました。

まず右側手前から作っていきます。

園芸支柱の画像

『物置の高さ』と同じ位の長さの『園芸支柱』を、3本土にさして立てました。

支柱の間隔は、約30センチです。

園芸支柱の画像

フェンス側の支柱は、『ワイヤーで数カ所フェンスに固定』しました。

針金の画像
ダイソー アルミ自在ワイヤー 1ミリ

固定は100均の、アルミ制のワイヤーを使用しました。
サビはでませんが、固定時に『強くひっぱりすぎると切れやすい』ので注意が必要です。

園芸支柱の画像

上部を短い支柱で固定します。

園芸支柱の画像

短めの支柱を、今立てた『長い園芸支柱』の間に立てます。
4本ずつ設置しました。

適当に4本にしましたが、裏側を完全に隠したい場合は、もっと本数を多くします。

園芸支柱の画像

今立てた『短い園芸支柱』の上部に、横向きの支柱を取り付けます。

最初に3本の『長い支柱』部分を、ワイヤーで固定します。

園芸支柱の画像

横方向の『高さ』が分かりやすくなりました。
『短い園芸支柱』の高さを、ハンマーでたたいて合わせます。

園芸支柱の画像

高さを合わせたら、ワイヤーで固定します。

ワイヤーの画像
ダイソー アルミ自在ワイヤー 2ミリ

1ミリのアルミワイヤーが切れやすかったので、『2ミリ』のワイヤーも追加で投入しました。

園芸支柱の画像

2ミリの方は、引っ張りにも強いようです。

マスキングテープの画像

正面の物置は使用しませんので、すき間を空けずに支柱を設置します。
使用する場合は、人が通れる幅を空けます。

30センチ間隔にするので、マスキングテープで『マーキング』をします。

園芸支柱の画像

マスキングテープを目安にして、支柱を立てていきます。
支柱は土に少しさします。

園芸支柱の画像

30センチ間隔で、6本の支柱を設置しました。

園芸支柱の画像

上部も『横方向』に支柱を取り付けます。

園芸支柱の画像

最初に『手前に設置した』支柱と、『物置手前に設置した』支柱をつなげます。
短めの支柱を取り付けました。

園芸支柱の画像

『短く折った支柱』を使って、物置手前の支柱と『フェンス』を固定します。

園芸支柱の画像

次に、今つけた物置手前の支柱の、『左側』に取りかかります。

この部分は、使用している私物の物置の裏側です。

30センチ間隔で、たてに3本の支柱を設置しました。
同じく上部も、横向きの支柱で補強します。

園芸支柱の画像

さらに、それに続く『左側手前』です。

園芸支柱の画像

ここは『左下がコンクリート』ですので、30センチ間隔より狭いですが、2本設置しました。

ジョイント支柱の画像
ダイソー ジョイント支柱

この部分の『横方向』を補強する支柱ですが、短めの支柱はジョイント式しかありませんでした。

園芸支柱の画像

ネジ式のジョイント部分を折って使用します。
女性の力では『ペンチ』では折れず、コンクリート部分に『体重をかけて押し当てて』折りました。

園芸支柱の画像

左側手前部分に、取り付けました。

園芸支柱の画像

手前側の『左右の支柱の上部』を、新しい支柱でつなぎます。
それぞれの補強の為です。

園芸支柱の画像

園芸ラックと交差した支柱も、ワイヤーでつないで補強します。
この園芸ラックには、土の入った植木鉢を置くので、重しになります。

園芸支柱の画像

奥側の物音の前の支柱の、真ん中位にも補強をします。

園芸支柱の画像

横方向は『園芸ラックと高さを合わせた』方がキレイですが、右側のフェンスの高さに合わせました。
フェンスと固定して、さらに強度を増します。

この黒い園芸支柱も、100均の支柱です。
手持ちの材料を使用しました。

園芸支柱の画像

だいたいの形はできました。

園芸支柱の画像

あとは補強を中心に、横方向を取り付けていきます。

園芸支柱の画像

長さが足らない部分は『連結』しました。

園芸支柱の画像

奥側に設置した『横方向の支柱の高さ』に合わせて、右側手前にも横方向の補強をしました。

園芸支柱の画像

左側手前の『園芸ラックとイスの間』にも、たて方向の支柱を足します。

園芸支柱の画像

奥側と手前側の支柱を、右わきで連結してありますが、さらに『真ん中位』にも補強の支柱を足します。

園芸支柱の画像

グラグラしなくなりました。
強風が吹いても大丈夫なはずです。

ページ上↑

ページ下↓

3- アイアン風に塗装する

設置した支柱を『黒く塗装』して、『アイアン風』にします。

塗料の画像

100均の黒い水性塗料です。
空き容器に入れて塗っていきます。

園芸支柱の画像

塗料が付かないように、足元や白い物置を『ビニール袋』などで養生しました。
物置の壁部分は、ビニール袋をマスキングテープで貼り付けました。

厚く塗るよりも、『薄く塗って』『乾いたらまた塗る』を繰り返す方が、キレイに仕上がります。

園芸支柱の画像

黒い『アイアン風の支柱』になりました。

我が家の場合は、裏側から見る事はありません。
ほぼ手前だけを塗りました。

ページ上↑

ページ下↓

4- 常緑のハンギングバスケット
ハンギングバスケットの画像
ダイソー フラワー壁掛けカゴ 30センチタイプ

100均のアイアン製の『ハンギングバスケット』です。

園芸支柱の画像

こちらも『アルミワイヤー』で取り付けました。

園芸支柱の画像

ハンギングバスケットには、常緑の『アイビー』と『ツルニチソウ』を植えました。

季節の花は、追加で設置していきます。

庭の画像

春になって花が増えるのが楽しみです。

ページ上↑

ページ下↓

玄関の画像

→日陰の玄関外【100均DIY】寄せ植えコンテナガーデン&トレリス

今回使用した道具
  • 園芸支柱→100均
  • アルミワイヤー: 1ミリ&2ミリ→100均
  • ゴム手袋→100均
  • 黒い水性塗料→100均
  • ハンギングバスケット→100均
  • ハンギングバスケット用パームマット→100均
  • 園芸ラック→ホームセンター
  • 養生テープ→100均
  • 土→ホームセンター
  • ヨーグルト空容器→再利用
  • ビニール袋→スーパー
  • アイビー→ホームセンター
  • ツルニチソウ→ホームセンター
  • ペンチ
  • ハンマー
  • ハサミ
  • スケール
  • シャベル
  • ジョーロ
  • 脚立

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です