コキアの育て方【春の種まき】剪定なしでキレイ!丈夫で初心者向き

Pocket

剪定なしでも、コニファーのようにキレイな樹形になる『コキア』。
真夏も元気で、秋に紅葉も楽しめる一年草です。

丈夫で初心者向きなコキアを、種まきから育ててみました。

目次

1- 種まきの仕方

コキアの種まきをします。
種まきの時期は『桜が咲いたころ』~『6月ごろ』までです。

コキアの種の画像
コキアの種

コキアの種はとても細かいです

今回は少し早めですので、種まき用の入れ物にまきたいと思います。

 

セルボックスの画像
セルボックス

コキアは根が先分かれしない直根性(ちょっこんせい)の植物です。
根が弱く植え替えを嫌いますので、大きめのセルボックスを選びました。

セルボックスで鉢上げまで育てます。

コキアの画像

トレーに乗せたセルボックスに、種まき用の土を入れます。
土はあらかじめ、たっぷりの水で湿らせておきます。

バーミキュライトの土の画像
ダイソー バーミキュライト

土は100均のバーミキュライトを使いました。

土を入れてセルボックスを持ち上げると、底の穴から土が落ちてしまうので注意します。

水で湿らせて何日かすると、土が固まって落ちにくくなります。

種が細かいので、偏らないようにまきます。
ひとつのボックスに5粒ほどまきました。

コキアは好光性(こうこうせい)という、発芽に光が必要な種子です。
土はかぶせないか、5ミリほど薄くかけて、明るい日陰に置きました。

霧吹きの画像

発芽までは乾かさないように注意し、霧吹きで毎日水やりをします。

ページ上↑

ページ下↓

2- 発芽後の水やりの仕方

コキアの画像

コキアの発芽温度は15度くらいです。
暖かかったせいか、なんと次の日に発芽しました。

芽が出たら最初の間引きをします。
茎が短くて、太い芽を残します。
半分くらい芽を残しました。

間引きをしたらすぐ、風通しの良い日なたに移動させます。

コキアの画像

日光に当てないと徒長(とちょう)と言って、光を求めてひょろひょろと弱々しい、細長い茎になってしまいます。
茎が細長いと、頭でっかちで倒れてしまいます。

発芽したら水は毎朝あげて、夜にはあらかた乾いているようにします。
水をあげすぎても徒長します。

ページ上↑

ページ下↓

3- 液肥の与え方

コキアの画像

2週間後、本葉が出ています。

最初の双葉の次に出てきた葉を、本葉(ほんば)と言います。

さらに間引きをします。
ひとつのボックスに、芽がひとつになるように間引きました。

コキアの画像

さらに10日後。
本葉の数が増えました。

肥料の画像
ハイポネックス原液 800ml

薄めた液肥(=液体肥料)を一度与えます。
幼苗の場合は、水10リットルにキャップ4分の1杯を2週間に1回です。

手持ちのジョーロが6リットルですので、やや水を少なめにして8分の1杯をあげました。

幼苗に濃い肥料は厳禁です。
きちんと計ります。

ページ上↑

ページ下↓

4- 鉢上げの仕方

コキアの画像

さらに2週間がたちました。

コキアの画像

底から根っこが見えてきました。
大きくなりすぎると植え替えに失敗しますので、鉢上げをします。

初めて植木鉢に植える事を『鉢上げ(はちあげ)』と言います。

植木鉢の画像
ダイソー 植木鉢

100均の植木鉢に鉢上げします。

植木鉢の画像

植木鉢に鉢底石を入れます。

鉢底石の画像
ダイソー 鉢底石

鉢底石も100均で手に入ります。

植木鉢の画像

3分の1ほど土を入れます。

土の画像
カインズ 花の土

土はホームセンターで購入した、花の土を使いました。

コキアはあまり肥料をきかせない方が、しっかりとした株になります。

コキアの画像

セルボックスを逆さまにして、根を傷めないように慎重に取り出します。

根になるべく触らないように、そっと土の上に置きます。

コキアの画像

苗の周りに土を入れていきます。

コキアの画像

最後に上から土を軽く抑えて、落ち着かせます。

根付くまでの10日~2週間ほどは、乾燥しすぎないように気を付けて水やりをします。

コキアは日当たりが良い場所に置きます。

ページ上↑

ページ下↓

5- 支柱を立てる

コキアの画像

鉢上げから一週間がたちました。

背丈が伸びてきています。
無事に根付いたようです。

コキアの画像

鉢上げから14日。
風などで倒れないように、支柱を立てました。

コキアの画像

鉢上げから50日たちました。
立派に育ちました。

コキアは手がかからず元気ですが、植木鉢は乾きやすいので、真夏は朝晩たっぷり水やりをします。

ページ上↑

ページ下↓

6- 丸くならない理由

コキアの画像

植木鉢に植えたコキアは細長く、丸くなりません。
狭い植木鉢で根の広がりが抑えられるからです。

木の根の画像

地下の根っ子と地上の枝は、比例する関係にあります。

コキアの画像

一緒に種まきをしたコキアです。

地植えした株は、丸くなりました。
地下の根を広くはれるからです。

地植えしても株の間をせまく植えてしまうと、やはり細長くなります。

丸くしたい場合は、地植えで株間を30センチ以上あけるか、深くて広い植木鉢に定植します。

ページ上↑

ページ下↓

カロライナジャスミンの画像

→お手頃トレリスが欲しい【100均アイアンフェンス】で手作りDIY

 

花壇の画像

→生け垣で窓の目隠し【原状回復が簡単】な【賃貸】の花壇をDIYで自作

今回使用した道具
  • コキアの種: フリマサイト
  • バーミキュライト: 100均
  • 肥料: ハイポネックス原液→ネット通販
  • セルボックス:ホームセンター
  • トレイ:100均ダイソーのシューズボックス
  • 植木鉢:100均
  • 鉢底石:100均
  • 鉢底石を入れるネット:ネット通販
  • 培養土:ホームセンターの花の土
  • 霧吹き:ネット通販
  • 手袋:100均
  • ジョーロ
  • シャベル

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です