ダンボールで簡単【引き出し】収納をDIY手作りでぴったりサイズに

Pocket

賃貸の押し入れをDIYで洋風の『カウンター付き収納庫』に改造しました。

その棚にぴったり収まる引き出しを、ダンボールでつくりました。

目次

1- ぴったりサイズ

押し入れの画像

→賃貸の【押し入れ】大改造!おしゃれなカウンター付き収納庫にDIY

DIYで和室の押し入れを、洋風のカウンター付き収納庫に改造しました。

引き出しの画像

下段の棚には、100均のワイヤーネットを使って引き出しをつくりました。

そのすぐ上の棚に、入れ物が欲しいです。

100均にも色々売っていたのですが、サイズがぴったり収まりません。
すき間があくと、空間がもったいないので、自作したいと思います。

ページ上↑

ページ下↓

2- アルミテープ

ダンボールで、ちょうどいいサイズの入れ物を作ります。

ダンボールの画像

引き出し風になりますので、引っ張り出す時に力が加わりそうな場所を補強しました。

アルミテープの画像
カインズ アルミテープ

布テープでもいいのですが、厚みが出ないように今回は、キッチン用のアルミテープを使います。

ページ上↑

ページ下↓

3- リメイクシート

リメイクシートの画像
ダイソー リメイクシート 古レンガ 45x90cm

100均のリメイクシートを周りに貼ります。

ダンボールの画像
手前の見える部分は、継ぎ目が無いようにします。

ダンボールの画像
角の底部分は、三角に切り落とし、しっかり貼り合わせます。

ダンボールの画像

隣り合った箱通しは、柄をあわせるときれいです。

上下は内側に折り込んでおきます。
いったん外側の周りだけを貼りました。

ページ上↑

ページ下↓

4- 取っ手

取っ手の画像

取り出しやすいように、取っ手をつけます。

仕切り板の画像
ダイソー 仕切り板

ダンボールだけでは穴があいてしまいます。
取っ手をつける面の内側に、100均の仕切り板を補強材として使います。

仕切り板の画像
仕切り板を、入れ物の内側の横サイズぴったりに折ります。

仕切り板の画像
取っ手の高さをあわせます。
仕切り板のミゾの部分に、内側からドライバーでビスをつけます。

仕切り板の画像
そのビスの表側に取っ手を取り付けます。

ダンボールの画像
仕切り板を覆うように、内側のリメイクシートを貼っていきます。

外側に貼ったリメイクシートの折り返し部分に、重なるように貼ります。
サイズを一辺ずつ、やや大きめにカットしてから貼ると楽です。

ダンボールの画像
内側の周り部分を全部貼ってから、底を貼ります。

ダンボールの画像
できました。

押し入れの画像
横の壁のレンガ柄と合わせてあります。

押し入れの画像

そのすぐ上のケースは、カウンターに改造した押し入れ中段の裏側に、手を入れるすき間があります。
こちらは取り出しやすいので、取っ手はつけません。

押し入れの画像

できました。

和風の押し入れは洋風に改造できました。

押し入れの画像

次はこの右側の和風のドアを、なんとかしようと考え中です。

ページ上↑

ページ下↓

今回使用した道具
  • ダンボール(再利用)
  • リメイクシート(100均)
  • 仕切り板(100均)
  • アルミテープ(ホームセンター)
  • 取っ手(ホームセンター)
  • ハサミ
  • カッター
  • スケール
  • 差し金
  • ドライバー

ページ上↑

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です