シソ・大葉の種プランター栽培記録【100均の種】で手抜き種まき!

Pocket

お料理にちょっと足すと、おいしい『シソ(大葉)』の葉。
とりたての新鮮な葉が香りがいいですが、束でしか売っていません。

お店で購入すると余ってしまうので、家庭菜園で育ててみました。

100均の種を購入して、プランターに種まきをしました。
発芽率も良く、育てるのも簡単です。

目次

1- 100均の種『シソ&大葉』

紫蘇の種の画像
ダイソー 紫蘇(大葉)の種

100均で『シソ(大葉)の種』を購入しました。
紫蘇(シソ)には赤ジソと青ジソがあり、青ジソの別名が大葉(おおば)です。

種まきの時期は暖かくなった春『4月~6月ごろ』の寒くも暑くもない頃です。

紫蘇の種の画像

購入した種袋には、細かい種がたくさん入っていました。
発芽率は6割ほどと記載されています。

紫蘇の種の画像

種は一晩水につけて、柔らかくしてからまきます。

ページ上↑

ページ下↓

2- 手ぬき種まき

植え替えの手間がめんどうですので、プランターに直まきをしたいと思います。

植木鉢の画像

まず水はけがいいように、プランターに鉢底石を入れます。

次の植え替えの時に管理が楽なように、鉢底石はあらかじめネットに入れてあります。
今回は通販で購入しましたが、販売されている玉ねぎなどのネットと同じものです。

土の画像
カインズ 野菜の土

土は野菜用の培養土を使いました。

植木鉢の画像

プランターに土を入れて、初めにたっぷりの水で湿らせておきます。
土は後から湿らせる事もできますが、細かい種が流れてしまうため手間がかかります。

バーミキュライトの土の画像
ダイソー バーミキュライト

発芽しやすいように、野菜用の土の上にバーミキュライトをのせます。

植木鉢の画像

バーミキュライトのように肥料成分の無い土の方が、種の発芽率が上がります。

手ぬきをするために野菜用の肥料入りの土の上に、2センチほどのバーミキュライトの層を作りました。

こちらも最初にたっぷり水やりをしておきます。
たっぷりの基準は『植木鉢の底から水が出てくるまで』です。

ページ上↑

ページ下↓

3- 条まき(すじまき)

植木鉢の画像

割りばしを使って、種まき用のミゾを作ります。

植木鉢の画像

3本のミゾを作りました。

紫蘇の種の画像

一晩水につけたシソの種です。
いったんキッチンペーパーなどで、水分をあらかた取ります。

紫蘇の種の画像

厚紙などを二つ折りにして種を乗せ、種まきをします。
種が小さいので楊枝などを使って、少しずつ土に落としていきます。

植木鉢の画像

土はかぶせずに、指で土に押し付けて密着させます。
密着させる事でも発芽率が上がります。

今回の種まきはゴールデンウイークがあけた頃でした。
発芽するまでは明るい日陰で管理します。

ページ上↑

ページ下↓

4- 発芽してからの水やり

種が流れないように、注意しながらそっと水やりを続けます。
発芽するまでは乾燥しないように、毎朝たっぷり水やりをしました。

紫蘇の芽の画像

種まきから一週間がたち、発芽しました。
発芽したらプランターを、すぐ日なたに移動してよく日光に当てます。

発芽後は毎朝ざっと水やりをします。
乾燥させてはいけないのですが、夜になる頃には水分が多すぎないようにします。

日光不足だったり、夜間に水分がありすぎると、芽がひょろひょろと、細く弱く伸びてしまいます。

ページ上↑

ページ下↓

5- 間引きの仕方

紫蘇の画像

発芽から4日がたち、芽が出そろいました。
最初の間引きをしたいと思います。
発芽率は記載された6割よりも良さそうです。

紫蘇の画像

葉が重なり合った芽を、間引いていきます。

紫蘇の画像

葉が重なりあっている芽を『茎が長いもの』『葉の形が他と違うもの』『色がうすいもの』を選んで抜き取ります。

残すはずの芽が一緒に取れてしまわないように、土を抑えながら抜きます。
無理なようでしたら、地上部分を小さなハサミでカットします。

紫蘇の画像

葉の重なりがなくなりました。
これで均一に日光が当たります。

紫蘇の画像

発芽から2週間がたちました。

紫蘇の画像

また葉が重なっているので、同じように間引きをします。
どちらも良さそうな芽の場合は、苗間のバランスを見て間引きます。

紫蘇の画像

2度目の間引きができました。

紫蘇の画像

さらに2週間がたちました。
かなり大きく育ちました。

紫蘇の画像

最後の間引きです。
3株を残しました。
食べる量を考えて、少なめにしました。

シソは日陰で育ちますので、やや密植ぎみでも問題ありません。
標準のプランターだと、4~5株ほどまでは残しても大丈夫です。

間引いたシソは、薬味にしていただきました。

ページ上↑

ページ下↓

6- 摘芯の仕方

シソの枝数を増やすために、摘芯(てきしん)をします。
成長している芽の先を、指などで摘み取る事を『摘芯(てきしん)』と言います。

シソの画像

20センチを越えた位、だいたい割りばしより大きくなったら先端をカットします。

シソの画像

茎からわき芽が出ている、すぐ上でカットします。
この数本のわき芽が伸びて、シソの枝数が増えます。

この時点で発芽から1ヶ月ほどたっていました。

ページ上↑

ページ下↓

7- 半日陰で育てる

紫蘇の画像

発芽から50日たちました。
中央の小さめのシソも大きくなりました。

ある程度育ったら、明るい日陰で栽培します。
直射日光に当たらない方が、やわらかい葉になります。

シソの画像

我が家では無農薬で育てているため、葉に虫食いがあります。

私は気にせず育てていますが、『虫よけネット』をかけると防ぐ事ができます。

本葉が10枚くらいになったら、日光が当たっていない『下の方のやわらかい葉』から収穫をします。

シソは乾燥を嫌いますので、水やりは毎朝します。

朝食の納豆ごはんに、ネギの代わりに入れるのが我が家の定番です。
とても香り良くいただけます(*^_^*)

ページ上↑

ページ下

ミツバの画像

→三つ葉のプランター栽培【種まき】&育て方が簡単!初心者におすすめ

今回使用した道具
  • シソ(大葉)の種・100均
  • 野菜用の土・ホームセンター
  • バーミキュライト・100均
  • プランター・100均
  • 鉢底石・100均
  • 霧吹きスプレー・100均
  • ネット・通販
  • 種を水に浸ける入れ物
  • ジョーロ
  • 割りばし
  • 楊枝
  • 厚紙
  • ミニハサミ

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です