茶色の花のおしゃれな【ひまわり】ムーランルージュ【種まき栽培記録】

Pocket

めずらしい『茶色の花のひまわり』を見かけました。

ネットで種を入手して、育ててみる事にしました。

思ったよりお花は小ぶりですが、背丈は2メートルを越えます。
シックでステキなひまわりです。

目次

1- 茶色のひまわりムーランルージュ

茶色の花のひまわり『ムーランルージュ』の種です。

ひまわりの種の画像
茶色のひまわり ムーランルージュの種

一般的なひまわりの種と、違いは無いように見えます。

ひまわりは根が先分かれしない『直根性(ちょっこんせい)』です。
植え替えの時に、根が少しでも痛むと枯れてしまいます。

セルボックスの画像
セルボックス

種まき用の入れ物は、大きめの『セルボックス』にしました。

バーミキュライトの土の画像
ダイソー バーミキュライト

土は100均のバーミキュライトを使います。

ムーランルージュ ひまわり セルボックス

セルボックスに入れた土は、あらかじめたっぷりの水で湿らせておきます。

寒い地域でなく、植える場所が決まっていれば、直接地面に種まきをする『直播き』もおすすめです。

ページ上↑

ページ下↓

2- ひまわりの種は嫌光性

ひまわりの画像

セルボックスの土に、割りばしなどで穴をあけます。

ひまわりの種の画像

種をふたつずつまきました。

ひまわりの種の画像

ひまわりの種は『嫌光性(けんこうせい)』と言う、発芽の時に『光が当たらないようにしなければならない』種類です。
1センチほど、しっかりと土をかけます。

発芽まで暗い場所に置き、乾燥しないように水やりをします。

ページ上↑

ページ下↓

3- ひまわりの発芽温度

ひまわりの画像

種まきから2日後、なんともう芽が出てきました。

ひまわりの発芽温度は20~25度で、種まき適期は4~6月です。
通常は一週間ほどかかるようなので驚きました。

まだ朝晩が寒い時期の種まきでしたので、定植のタイミングに悩みました。

ページ上↑

ページ下↓

4- 光に当てないと徒長してしまう

ひまわりの芽の画像

芽が出揃ったらすぐに日光にあてます。
光にあてないと『徒長(とちょう)』と言って、茎が長く伸びすぎてしまいます。

水やりのし過ぎでも徒長します。
朝にあげた水が、夕方にはだいたい乾いている程度に水やりをします。

徒長すると頭でっかちの弱々しい苗になってしまいます。

ページ上↑

ページ下↓

5- 間引きのやり方

ひまわりの画像

育ちのいい芽を残して『間引き』をします。
ひとつのボックスに、芽をひとつ残します。

ひまわりの画像

芽が早く出過ぎて、やや徒長ぎみなのが心配です。

隣り合った葉通しが、重ならないように『間引き』をします。

育ちのいい『残す』芽とは
◆茎が太くて短い
◆葉の色が濃い
◆虫食いが無い
◆葉の形が他と比べて変ではない
などの芽を、選んで残します。

指先でつまんでとりますが、残す芽も一緒に取れないように注意します。

小さいハサミを使っても大丈夫ですが、その際はハサミを消毒をします。

ページ上↑

ページ下↓

6- 定植の仕方

まだ寒い日もありますが、さすがに冷え込む日は無くなりました。

ひまわりは直根性で植え替えが苦手なので、早めに定植をしたいと思います。

『水はけが良く』『日当たりが良い』場所を選びます。

庭の画像

ムーランルージュは背が高いひまわりです。
高低差を考えて、花壇の奥の方に植える事にします。

背が高いという事は、根も深く張ります。
なるべく深く掘り返して、土を柔らかくします。
腐葉土も混ぜ込みました。

ひまわりの画像

浅めに穴を掘って、根に触らないように苗をそっと置きます。

ひまわりの画像

株元に土を軽くかぶせて、上から抑えて安定させます。

株と株の間は30センチ以上空けますが、まだ苗が小さいので、寄せぎみに植えて間引きをする予定です。

ページ上↑

ページ下↓

7- 肥料の与え方

ひまわりの画像

定植したら水やりをしながら、一週間に一度くらい液肥を与えます。

肥料の画像
ハイポネックス原液 800ml

苗が小さいうちは、ごく薄めに与えます。

液肥 = 液体肥料は、いったん水やりを十分にしてから、改めて与えます。

ひまわりの画像

定植から一週間、ひどい雨が何日か続いた後に、葉が病気になってしまいました。
ベト病です。

病気の株は間引き処分をします。
ベト病はカビの一種です。

ページ上↑

ページ下↓

8- 支柱の立て方

ひまわりの画像

定植から35日。
背がだいぶ伸びました。

そろそろ支柱を立てます。

ひまわりの画像

ひまわりの茎側は、成長して太くなりますので緩みを持たせて、支柱側はしっかり固定します。

ビニールひもの画像
ダイソー 園芸用ワイヤー入りビニールひも

100均のビニール紐で固定しました。

下の方の葉が病気になりやすいので、見つけたら早めに葉を取ります。
この位大きくなれば、早めに葉を処分すれば株は残せます。

ひまわりの画像

定植から50日、つぼみが上がってきました。

ひまわりの画像

さらに定植から60日、背は人の背丈ほどに伸びています。

ひまわりの画像

上部の支柱も追加しました。

ページ上↑

ページ下↓

9- ムーランルージュが開花

ひまわりの画像

ひとつめのひまわりの花が咲きました。
最終的に背丈は2メートルを越えています。

見本の写真より、だいぶ黄色が多い花でした。
中心部分は赤茶系の色です。

ムーランルージュは『F1種』という種で、個体差があるそうです。
でも、とてもシックできれいでした。

それほど花は巨大では無いので、切り花にして飾りたいと思います。

ページ上↑

ページ下↓

コスモスの画像

→コスモスを【ジフィーポットで種まき】植え替え~開花までの栽培記録

今回使用した道具

  • ひまわりの種→『ハーレクイン』茶色のひまわりF1種
  • 元肥→マグァンプK中粒: ネット通販
  • 追肥→ハイポネックス液肥: ネット通販
  • セルボックス: ホームセンター
  • 受け皿: 100均ダイソーシューズボックス
  • バーミキュライト: 100均
  • 腐葉土: ホームセンター
  • 支柱(中・ロング): 100均
  • ワイヤー入り紐: 100均
  • 割りばし
  • ジョーロ
  • 霧吹きスプレー
  • シャベル
  • スコップ
  • ハサミ

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です