夏の花壇におすすめ!花を長く楽しめる【ケイトウ】の種まき~開花まで

Pocket

赤いベルベットのような花がステキな『ケイトウ』

雨にも強く、真夏の花壇で1~2ヶ月は咲き続ける丈夫な植物です。

種まきの時期は桜の花が咲き終わって暖かくなった頃~初夏ごろまで。
『久留米ケイトウ』の種まきから開花までの成長記録です。

目次

1- 真夏に咲く花

真夏の花壇で元気に咲いてくれる『久留米ケイトウ』
種まきから育ててみました。

種まきの時期は、桜が終わって暖かくなった頃~6月頃までです。
一年草なので毎年、種まきをします。

久留米ケイトウの画像

種はとても細かいです。

久留米ケイトウの画像

ケイトウは根が先分かれしない直根性(ちょっこんせい)です。
植え替えを嫌うので、大きめのセルボックスで種まきをしました。

バーミキュライトの土の画像
ダイソー バーミキュライト

土は100均のバーミキュライトを使いました。
種をまく前に、たっぷりの水で湿らせておきます。

 

ケイトウの画像

セルボックスに、なるべく重ならないように種をまきます。
薄めに土をかけて、発芽するまで霧吹きで水やりをし、乾かさないように気をつけます。

直射日光の当たらない場所に置きました。

植える場所が決まっていて、十分温かくなった時期でしたら、直播きの方が楽です。

ページ上↑

ページ下↓

2- 発芽してからの水やりの仕方

ケイトウの画像

一週間後、芽が出ました。
発芽温度は25度くらいです

ケイトウの画像

発芽から4日後です。
芽が出そろったようです。

芽が出そろったら、日当たりと風通しの良い場所に移動します。

発芽したら、水やりの仕方も変えます。

発芽までは乾かさないようにします。
発芽してからは毎朝水やりをしますが、ざっと水やりをして『朝の水やりの水が、夕方までにはだいたい乾いている』ようにします。

発芽後に夕方になっても土がびしょぬれのままですと、『徒長(とちょう)』と言う『ひょろひょろとした芽』になってしまいます。

ページ上↑

ページ下↓

3- 間引きの仕方

芽が出そろったら間引きをします

ケイトウの画像

葉と葉が重ならないように、間引きます。
茎が短くて太い、がっしりした芽を残します。

ケイトウの画像

一度めの間引きができました。

ケイトウの画像

発芽から20日後です。
だいぶ育ってきました。

ケイトウの画像

さらに5日後。
本葉が出てきました。

最初の双葉の次に出てくる葉を『本葉(ほんば)』と言います。

ケイトウの画像

同じように、2度目の間引きをしました。

ケイトウの画像

発芽から35日。
本葉が4~5枚になったら鉢上げをします。

初めて植木鉢などに定植する事を『鉢上げ(はちあげ)』と言います。

ページ上↑

ページ下↓

4- 鉢上げの仕方
植木鉢の画像
ダイソー 植木鉢

鉢上げをします。
植木鉢に鉢底石を入れます。

100均の植木鉢を使用しました。

植木鉢の画像

土を半分ほど入れます。

土の画像
カインズ 花の土

土は花用の土を使います。
ホームセンターで購入しました。

ケイトウの画像

セルボックスからそっと外した苗を、土の上に置きます。
根をなるべく触らないようにします。

ケイトウの画像

脇からそっと土を流し入れます。

ケイトウの画像

上から土をおさえて、苗を安定させます。
たっぷりと水やりをしました。

元肥入りの土なので、追加で肥料は入れません。
ケイトウは元肥が多すぎると頭でっかちになってしまうので、様子を見て後から肥料をあげます。

鉢上げの時に土に最初に入れる肥料を『元肥(もとひ・もとごえ)』と言います。

鉢上げしたケイトウは、日なたに置きます。

ページ上↑

ページ下↓

5- 追肥の仕方

ケイトウの画像

鉢上げから一週間。
だいぶ大きくなりました。

ケイトウの画像

さらに2週間。
ぐんぐん育っています。

肥料の画像
ハイポネックス原液 800ml

鉢植えはつぼみが出るまで、月に2~3回液肥をあげます。

液肥 = 液体肥料は、まず『植木鉢にたっぷり水やり』をします。
その後で規定量に薄めた液体肥料を与えます。

肥料は『まよったら少なめ』にします。
追加で肥料を与えるのは簡単ですが、肥料を取り除くのは困難だからです。

肥料が多いと、害虫を呼びます。

ページ上↑

ページ下↓

6- 高性種は支柱を立てる

ケイトウの画像

鉢上げから1ヶ月、小さなつぼみがつきました。

ケイトウの画像

さらに10日後。
茎が伸びています。

ケイトウの画像

園芸支柱を立てました。

ケイトウの画像

ケイトウの茎側は緩みを持たせて、支柱側はしっかり固定します。

ビニールひもの画像
ダイソー 園芸用ワイヤー入りビニールひも

ワイヤー入りの紐を使用しました。

ケイトウの画像

久留米ケイトウは『高性種(こうせいしゅ)』という、背が高めのケイトウなので、必ず支柱を立てます。

ページ上↑

ページ下↓

7- 長く開花する

ケイトウの画像

鉢上げから50日。
花が大きく育ってきました。

ケイトウの画像

花はだんだん大きくなります。

ケイトウの画像

さらに5日後。
梅雨があけ暖かくなりました。
どんどん花が大きく育ちます。

ケイトウの画像

秋まで花が楽しめそうです。

ページ上↑

ページ下↓

ひまわりの画像

→茶色の花のおしゃれな【ひまわり】ムーランルージュ【種まき栽培記録】

今回使用した道具
  • ケイトウの種: ネット通販
  • 支柱:100均
  • ワイヤー入りビニールひも:100均
  • バーミキュライト:100均
  • 花の土:ホームセンター
  • 液肥ハイポネックス:ネット通販
  • セルボックス:ホームセンター
  • 受け皿:100均
  • 植木鉢:100均
  • 鉢底石:100均
  • 鉢底石を入れるネット:ネット通販
  • ジョーロ
  • シャベル

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です