【賃貸の寒いトイレ】おしゃれな防寒用の白い格子窓をDIYで取付

Pocket

築40年の『賃貸』一軒家に引っ越してきました。

寒すぎるトイレの窓に『防寒用の格子窓』を、インナーフェンス風に取り付けました。

今回は簡単な、開け閉めをいない『はめ殺し窓』にしました。

目次

1- 防寒用『はめ殺し窓』設置

古い木造家屋の『寒さの原因ワースト1』が『窓』だそうです。

我が家の『築40年の一軒家』の場合も、寒さが厳しくなるにつれ、家中の窓から冷気が、、、

特にトイレは『背中の窓からの冷気』がひどいです。
防寒対策で『内窓』を取り付けました。

当初は『引き戸』の、格子状の内窓を計画していました。
しかし我が家のトイレの窓は、人通りのある外から丸見えで、あまり開ける事がありません。

消臭機能付きのウォシュレットにしましたので、臭いもあまり気になりません。
(すぐそばに、脱衣所の換気扇もあります)

だったら『はめ殺し窓』でもいいかな?
という事で、
『開かない』はめ殺しの格子窓を作る事にしました。

引き戸タイプは別の場所で、チャレンジしたいと思います。

ページ上↑

ページ下↓

2- プチプチD42Lを断熱材として使う

断熱材として『プチプチ』を使用します。
補強とインテリア性を兼ねて、『窓ガラスフィルム』も貼る事にします。

初めは『養生ブラダンシート』か、『ポリカーボネート』を断熱材として使用しようと思っていました。
しかし枠があるのであれば、手軽なプチプチでいいかな?と思いました。

川上産業 プチプチ 緩衝材 ダイエットプチ d42L 三層品 幅1200mm×全長42m ナチュラル(半透明)
川上産業 プチプチ 緩衝材 ダイエットプチ d42L 三層品 幅1200mm×全長42m ナチュラル(半透明)

プチプチは断熱効果の高い、両面をフィルムでサンドイッチ状に挟んである『D42L』を使用します。

かさばるので、通販で購入しました。

古い家屋の窓の画像

こちらのレトロすぎるトイレ窓に、取り付けていきます。
結露の発生のため、シミが元々あります。

窓にプチプチを貼った画像

窓の寒さの原因には、熱を通しやすい金属製の『窓枠』もかなり影響しています。

断熱効果を高めるために、『窓枠を含めて』プチプチを貼っていきます。

プチプチは『空気の層』を作る為に、周りをテープで縁取ります。
今回はシルバーのキッチンテープを使用しました。

ニトムズ はがせる両面テープ 強力接着用
ニトムズ はがせる両面テープ 強力接着用

『原状復帰』の時に、のり後が残りにくい『両面テープ』です。
こちらでプチプチを、窓枠に貼り付けます。

ページ上↑

ページ下↓

3- 100均の『角棒』で格子窓を作成する

作成する格子枠の色は、壁紙に合わせた『白』にします。

100均の細長い木材の画像

格子枠は、100均の角材で作ることにしました。

長さをカットした100均の細長い木材の画像

窓枠のサイズを測って、角棒をノコギリで切っていきます。

手書きメモの画像
サイズのメモ

サイズは『ミリ単位』できちんと測ります。
大きすぎるとはまらないので、迷ったら1mmほど小さくします。

100均の木材はやわらかいので、女性でも加工がしやすいです。

木材を四角く組み立てた画像

まず、ひとつひとつの枠を作ります。

木材を四角く組み立てた画像

必要な枠の数を作ります。

木材を四角く組み立てた画像

作った窓枠を並べてみます。
外枠も周りに置いてみます。

木材を四角く組み立てた画像

細いクギでそっと打ち付けていきます。

木材を四角く組み立てた画像

後で思ったのですが、タッカーで止めて、ボンドで接着しても大丈夫そうです。
→今度別の場所で試してみます。

木材を四角く組み立てた画像

格子枠が出来上がりました。

ページ上↑

ページ下↓

4- 格子窓を壁紙と同じ白に塗装する

白のペイントスプレー缶の画像

白い『水性スプレー塗料』で塗装します。

格子枠を白くペイントした画像

一度に塗ろうとせず、薄く何度も塗り重ねます。
そのまま数時間乾かします。

ページ上↑

ページ下↓

5- 上に付ける棚を作成する

端材の画像

乾燥を待っている間に、格子枠の上に付ける棚を作ります。
端材を再利用しました。

端材が無ければ、100均の材木をカットして白く塗装するか、リメイクシートを貼ってもいいと思います。

端材をカットした画像

窓枠のでっぱり X 格子枠の横幅で大きさを考えました。
だいたいサイズが合いそうでしたので、『奥行き14センチ』にして、トイレットペーパーと籠を置ける幅にしました。

トイレットペーパーは、手前入り口のドア上と脇にも置くように作成する予定です。
必要ないと思いますが、後で変更可能な状態にしておこうと思います。

ページ上↑

ページ下↓

6- 格子窓の裏にプチプチを貼って防寒対策

格子枠の裏側に窓フィルムとプチプチを貼った画像

塗装した格子枠の『裏側』に、まず『窓用フィルムを裏返し』に置いて、その上にプチプチを貼ります。

格子部分にも、両面テープを貼ってしっかり付けます

ここの両面テープは、原状回復が必要ありません。
湿気に強い強力な物であれば、何でもいいと思います。

格子枠の裏に貼った表側の画像

表側に裏返すとこんな感じです。

裏側に黒いビニールテープを貼った画像

これは必要ない人も多いと思いますが、格子部分に『裏から黒いビニールテープ』を貼りました。

夜に窓の外から見た黒いビニールテープが防犯格子のように見える画像

外から見ると『インナーフェンス』に見えて、なんちゃって防犯対策を狙いました。

ページ上↑

ページ下↓

7- 格子枠の窓への取り付け方

作成した格子枠の上に棚板をつけます

先ほど作った棚板を、格子枠の上に取り付けます。

棚板をつけるクギのサイズの画像
クギを打つ場合はこんな風にクギを脇に置いて、根元まで打ってもはみ出ないようにします。板の幅+板の幅の長さであれば、実際には斜めにクギを打つので飛び出ません

取り付ける場所は、窓枠の上の壁からはかった『枠の奥行』です。

私は実際に合わせてみて『記しを付け』、窓枠にピタッと付くようにしました。

棚を取り付ける画像

通常ですと、窓枠の上部は身長より上の高さで目立ちません。
そこに両面テープを付けて、右端のペーパーホルダーをストッパー代わりにして設置しました。

しかし、我が家には障がい者がいて、たまに格子窓を持ったりする事も想定されます。
既にクギ後がある枠ですので、上部の目立たない場所を、一ヶ所ネジ止めする事にしました。

棚の上に籠が乗っている画像

上側には100均で購入した籠を置きました。
この中には掃除用の、トレーとカップと歯ブラシが入っています。

籠の中に掃除道具がある画像

トレーは魚などのトレーを入れて、使い捨てができるようにしています。
他は使い古しの歯ブラシと、もう使わなくなった中古のお米の軽量カップです。
ウォシュレットのノズル掃除に使用します。

格子窓画像

完成しました!
ネジがやや出てしまったり、クギで折れてしまった部分もありますが、そこはシャビーシック?!ご愛嬌という事で。

ひとまずは暖かいトイレに感謝です。

ページ上↑

ページ下↓

格子窓がついたトイレの窓の画像

→【賃貸DIY】潔癖症の人必見!トイレにタオルホルダー&便座シートホルダー設置

今回使用した道具
  • 窓ガラスシートCvicloverステンドグラス シート:通販
  • 川上産業プチプチd42L三層品:通販
  • アトムハウスペイント水性スプレー:ホームセンター
  • シルバーアルミテープ:ホームセンター
  • 黒いビニールテープ:ホームセンター
  • ニトムズ はがせる両面テープ:通販
  • 枠材:100均
  • 白い籠:100均
  • 新聞紙
  • クギ、ネジ:ホームセンター
  • ドライバー
  • ハンマー
  • はさみ
  • カッター
  • スケール
  • マジック
  • のこぎり
  • 端材→棚に使用(なければ100均で)

ページ上↑

賃貸でもおしゃれにしたい!築40年の賃貸一軒家を住みやすくDIY

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です